活動レポート

マテリアリティってなに?いまさら聞けないサステナビリティ関連用語を学ぼう②

「マテリアリティ」という言葉についてご存知ですか? 

味の素社のサイトには「味の素グループのマテリアリティ」というページがありますし、「ASVレポート(統合報告書)」や「サステナビリティデータブック」にも頻繁に出てくるキーワードです。

どうやら非常に重要な言葉のようですが、どういう意味かと言われると、うまく説明できない方も多いのではないでしょうか?

ストーリー編集部では、味の素グループのサステナビリティの取り組みについて、みなさんによりくわしくご理解いただくために、サステナビリティに関連するキーワードについて、シリーズでご紹介していきます。

今回は「マテリアリティ」という言葉についてご紹介していきましょう。

マテリアリティとは

「マテリアリティ」とは、組織・企業にとっての「重要課題」を指す言葉です。

多くの企業において「マテリアリティ」とは、自社の企業活動において重要とされる課題をわかりやすく示すものとして活用されています。

そもそも「マテリアリティ」とは、企業が投資家や株主などのステークホルダーに対して、取り組みを発信するために活用されている非財務指標のひとつです。
財務指標とは、企業の業績を判断する数字で評価される指標です。これに対して非財務指標とは、経営理念、経営戦略、や環境や社会への取り組みなど、数値化しにくい企業の指標や価値のことをいいます。

つまり「マテリアリティ」とは、サステナビリティの観点から、社会課題の解決と持続可能な発展に向けた重要課題であり、その課題そのものも外部からの評価の対象となる項目といえるでしょう。

なぜ企業はマテリアリティを発信するのか?

現代においては、企業の価値は売上や利益だけでは測れない時代です。財務指標ではなく非財務指標が重要視され、社会的な責任をどう果たしているか、世界や社会の課題にどう取り組んでいるかをきちんと発信することが、企業の責務のひとつとなっているのではないでしょうか。

さらに、ESG投資という言葉をご存知でしょうか?

ESG投資とは、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)を考慮して投資先を決定することです。この考え方が、機関投資家やアナリストにとって重要視されるようになるなかで、マテリアリティという言葉は「企業が、自社の持続可能な発展のために、どのようなことを重要項目として取り組んでいるか」をあらわすようになりました。

こういった流れから多くの企業がマテリアリティを掲げるようになったと考えられます。

味の素グループでも、「ASVレポート(統合報告書)」や「サステナビリティデータブック」を通じて、これらの取り組みへの発信を続けています。このとき、取り組みのキーストーンとして重要なのが「マテリアリティ」なのです。

味の素グループのマテリアリティとは?

味の素グループは、2015年(平成27年)からマテリアリティへの取り組みを続けています。

刻々と変化する社会情勢に対応し、また消費者・協力企業・従業員・株主などステークホルダーのご意見・ご期待を踏まえて、継続的に見直しを続けているのです。2021年度(令和3年度)には、内容を更新し、11のマテリアリティを掲げました。

味の素グループの掲げるマテリアリティは、短中期の価値創造能力に実質的な影響を及ぼす項目です。

味の素グループを取り巻く環境認識

味の素グループは、世界人口の増大、地政学的な社会情勢の変化、医療の進歩による健康寿命延伸、深刻さを増す地球環境問題、テクノロジーの発展による社会・産業・健康のあり方等、われわれの事業を取り巻くメガトレンドを「社会システム」「人/生活者」「地球環境」「テクノロジー」の領域で捉えています。

また、マテリアリティから新しいビジネスの機会を発見したり、リスクを未然に抽出したり、それらへの取り組みを進めることで新たな価値創造を目指しています。
https://www.ajinomoto.co.jp/company/jp/activity/materiality/

11のマテリアリティを紹介します。

食と健康の課題解決への貢献

味の素グループは創業より、うま味を活かした栄養豊富でおいしい食を普及させ人々を健康にしたいという創業者の志を継ぎ、その思いを世界へと広げてきました。現代社会における食・栄養の課題やニーズは多様化・複雑化していますが、味の素グループは事業を通じて栄養へのインパクトを最大化することを目指しています。その実現のために、アミノ酸に関する知見を活用して栄養バランスの良いメニューを奨励し、世界中の人々の健康増進と食習慣の改善に寄与します。

生活者のライフスタイルの変化に対する迅速な提案

味の素グループは、栄養とおいしさの両立を追求しながら、からだだけでなくこころも満たす健康づくりを目指してきました。誰もが簡単に調理でき、忙しい中でも料理を楽しめる「スマートな調理」による生活時間の創出で、多様なライフスタイルを支えるとともに、製品を通じて共に食べる楽しさ、喜びを提供しています。また、健康価値を高めた製品やEコマース等の活用によって、栄養だけでなく安らぎも得られるパーソナルな食品や食体験を提供します。さらに、クリーンラベル(わかりやすい成分表示やシンプルな原材料を使用した製品)の動きやビーガン(植物性食品のみを食べるスタイル)等、生活者の価値観の多様化に応えるために、今後様々なソリューションの拡充を目指します。

製品の安全・安心の確保

味の素グループは創業以来、常に「お客様第一」の姿勢で製品・サービスの安全・安心に対する努力を続けてきました。お客様が口にする食品を扱うメーカーだからこそ、品質保証や適切な情報開示は重要な課題です。加えて、お客様の要望に真摯に耳を傾け、お応えしていくことも大切にしており、この積み重ねにより、お客様に信頼と満足を感じていただける製品・サービスをお届けしていきます。経営のリーダーシップのもと、従業員一人ひとりが安全で高品質な製品・サービスの提供に最善を尽くし、世界中のお客様のより良い生活に貢献することを目指します。

多様な人財の活躍

味の素グループでは、従業員のエンゲージメントを、時価総額、コーポレートブランド価値(顧客価値)とともに企業価値を高める重要な要素と位置づけています。
「ASVの自分ごと化」を加速し、単に働きがいを感じているだけでなく、ビジョンの実現に主体的に関わる人財の育成への投資を強化します。それにより、提案力・実行力・イノベーション創出力を高め、生産性の高い課題解決型組織への変革を進めます。イノベーションの加速に向けては、ダイバーシティ&インクルージョンを進化させます。また、デジタルを活用して環境変化への対応力の向上をアップさせる「働き方」を実現していきます。

気候変動への適応とその緩和

世界的に喫緊の課題である気候変動は、味の素グループの事業にも多大な影響を及ぼします。気候変動の進行により、原材料の調達不全をはじめとするリスクが予想されます。味の素グループは気候変動を全社経営レベルのリスクかつ機会と捉え、対応策を検討しています。ライフサイクル全体での負荷低減を目指し、省エネ活動や再生可能エネルギー電力の利用を進めるほか、国際イニシアティブに参加し、社内外の連携を図りながら課題解決を目指します。

資源循環型社会実現への貢献

味の素グループの製品・サービスは、様々な資源を使い生み出されています。地球上の限りある資源を効率的に活用するとともに、持続可能な循環型社会の実現に貢献することは、味の素グループの責務です。
廃棄物の3R(Reduce、Reuse、Recycle)に継続的に取り組むとともに、近年注目が高まっているプラスチックの海洋廃棄物問題に対しても、企業連携のイニシアティブに参加する等、積極的に取り組んでいます。

フードロスの低減

世界では1年間に約13億トンもの食料が廃棄されています※1。これは世界全体で消費のために生産された食料の約3分の1に当たり、農業による生産から家庭での消費に至るフードサプライチェーンの全体で食料の損失や廃棄が起きているといわれています。食資源は限られている一方で、今後世界人口の増加や食品の需要増が見込まれており、フードロスの低減は重要な課題です。
味の素グループは、原料の受け入れからお客様の使用・廃棄までの製品ライフサイクル全体でフードロスを低減することを目指し、サプライヤーや生活者と連携しながら取り組みを進めています。

※1 出典:FAO「世界の食料ロスと食料廃棄(2011年)

持続可能な原材料調達

味の素グループは、世界各地の農畜水産物等の自然の恵みを利用しながら製品・サービスを提供しており、事業活動と地球環境が相互に影響を与えていると認識しています。そのため、農・畜・水産資源の持続可能な調達の実現は、事業における重要な課題です。また調達においては、サプライチェーンにおける環境や人権・労働安全といった社会的側面への配慮も不可欠です。サプライヤーとも連携を図り、サプライチェーン全体で取り組みを進めます。

水資源の保全

世界の人口増加に伴い水の需要増が見込まれる一方で、地球上の淡水は偏在しているという課題があります。水資源の枯渇は、生産に使用する水そのものだけでなく、原材料の調達にも影響を及ぼします。また、渇水や洪水、水質悪化が起これば、生産の停滞を招きかねません。
味の素グループは、長年にわたり継続してきた生産における水使用量・排出量削減をさらに深化させるとともに、水源の森林整備等を通じて、持続的に水を利用できる環境の創出に貢献します。

ガバナンスの強化

味の素グループは、コーポレート・ガバナンスを、ASV経営を強化し、ビジョンを実現するための重要な経営基盤の一つと位置付けています。ASV経営の実効性を高めるため、「ステークホルダーの意見を反映させる適切な執行の監督」と「スピード感ある業務執行」を両立し、監督と執行が明確に分離している会社機関設計として指名委員会等設置会社へ移行しました(2021年6月)。近時、コロナ禍の長期化により、事業環境は大きく変化し、これまで以上に包括的なリスクマネジメントが重要です。味の素グループ各社およびその役員・従業員が順守すべき考え方と行動のあり方を示した「味の素グループポリシー」を誠実に守り、内部統制システムの整備とその適正な運用に継続して取り組むとともに、サステナビリティを積極的なリスクテイクと捉える体制を強化し、持続的に企業価値を高めていきます。

グローバルな競争激化への備え

持続的な成長を果たすためには、マクロ環境の変化に対する適応力が不可欠です。この観点から、味の素グループは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を土台とした事業モデル変革、全社オペレーション変革等を進めています。成長加速に向けて、創りたい未来像から逆算し、社外との協働を積極的に行いながら新たな成長モデルづくりを進めることで、イノベーションの仕組みを変革します。こうした取り組みにより、外部環境の変化を迅速・的確に捉え、10年後もステークホルダーから期待される存在であり続けます。

まとめ

最後に、マテリアリティについて今回ご紹介した内容をまとめます。

・マテリアリティとは、「企業が、自社の持続可能な発展のために、どのようなことを重要項目として取り組んでいるか」を意味する。

・企業の価値がビジネスだけでは測れない現代においては、ESG投資の観点からも企業は自社のマテリアリティを積極的に発信していく必要がある。

・味の素グループは2015年(平成27年)からマテリアリティに取り組んでおり、2021年度(令和3年度)は11項目の重要課題をマテリアリティとして掲げている。

・味の素グループでは、マテリアリティを通じて新しいビジネスの機会を発見したり、リスクを未然に抽出したりすることで新たな価値の創造につなげている。

<用語集>

ESG(イーエスジー)
ESGとは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字を組み合わせた言葉です。近年、ESGの視点を投資判断に取り込む投資家が増え、企業が長期的に成長するためには、ESGの3つの観点が必要だという考え方が広まっており、ESGは現在では企業の価値を評価する材料として使われています。

2022年9月の情報をもとに掲載しています。

味の素グループは、アミノサイエンス®で人・社会・地球のWell-beingに貢献します

味の素グループは、

アミノサイエンス®で人・社会・地球の

Well-beingに貢献します

「最新記事」一覧を見る