活動レポート

リサイクル率アップを目指して〜味の素社の「ピュアセレクト®マヨネーズ」素材へのこだわりとは〜

とれて3日以内の国産新鮮卵だけで作る、味の素社の「ピュアセレクト®マヨネーズ」

おいしくて環境にもやさしい「ピュアセレクト®マヨネーズ」そんな “ピュア”を支える裏側を、ご紹介します。

「ピュアセレクト®マヨネーズ」はなぜ「ピュア」なのか?

コクがあって酸味は控えめ、やさしい味わいが特徴の「ピュアセレクト®マヨネーズ」は、卵と酢、油というシンプルな材料でできているからこそ、素材の良さをとても大切にしています。

「ピュアセレクト®マヨネーズ」の写真

なかでも、とくにこだわっているのが卵です。「ピュアセレクト®」に使われている卵はすべて国産。生まれたその日のうちに割卵工場へと運ばれます。

酢や油にもこだわっています。白ぶどう酢・玄米酢・木樽熟成のモルト酢をブレンドした特製「ピュアセレクト®ビネガー」、良質なキャノーラ油、コーン油、大豆油を混ぜ合わせ、新鮮な卵は「ピュアセレクト®マヨネーズ」に生まれ変わっていきます。

このように「ピュアセレクト®マヨネーズ」は、卵が生まれて3日以内に完成し新鮮な状態のまま全国へと運ばれていく、その名の通り素材から加工、配達まで、おいしさと安全をとことん追求した「ピュア」な商品なのです。

ボトルに使われているプラスチック素材にもこだわりを

1996年(平成8年)の誕生以来、変わらないおいしさを食卓にお届けしている「ピュアセレクト®マヨネーズ」ですが、みなさんの気づかないところで、味も容器も少しずつ進化を遂げています。

普段何気なく手にしているマヨネーズボトルもそう。じつはよりリサイクルされやすくなるような、工夫がされています。

一般的に、プラスチック素材は、成形のしやすさ、軽さなどの点で、包材に使用するにはとても便利な素材です。その反面、一種類のプラスチック素材では、包材としての機能を満たすことができないため、複数のプラスチック素材を使用しています。

マヨネーズは、空気中の酸素により、作りたての美味しさが損なわれてしまうため、 ボトルへの酸素の侵入を防ぎ、品質を守るたのバリア層と、ポリエチレンという素材でできています。

リサイクルの観点では、ボトル中のポリエチレンの割合が高い方が好ましく、「ピュアセレクト®マヨネーズ」では、ポリエチレンの割合が高いボトルにするために、様々な努力を積み重ね、実現させています。

包材素材の変更といっても、素材を変えればすぐに本格導入できるわけではありません。 ボトルを構成する素材が変わると、従来のボトル寸法と比べ、コンマ数ミリの差が生じます。わずかな差だとしても、これによりマヨネーズ包装ラインのボトル検査工程で不具合が発生することもあります。

よりリサイクルしやすい包材を使用するため、包装現場では設備の調整など、日々試行錯誤を行っているのです。

このように、味の素グループでは、2030年度(令和12年度)までに「環境負荷50%削減」というアウトカムを実現するため、プラスチック廃棄物のゼロ化を目指したさまざまな取り組みを行っています。

2022年12月の情報をもとに掲載しています。

味の素グループは、アミノサイエンス®で人・社会・地球のWell-beingに貢献します

味の素グループは、

アミノサイエンス®で人・社会・地球の

Well-beingに貢献します

「最新記事」一覧を見る