活動レポート

Z世代が「未収穫農作物」を資源に?大分県中津市との取り組みを味の素社がサポート!

Z世代が「未収穫農作物」を資源に?大分県中津市との取り組みを味の素社がサポート!

味の素社は、大分県中津市と連携し「未収穫農作物を資源に変える実証実験」を開始しました。

大分県中津市は、臨海部に工場を抱える工業市です。一方で、耕作放棄地や放置された竹林が荒廃するという課題を抱えています。
その課題を解決すべく、中津耶馬渓観光協会が、2021年(令和3年)6 月、共創施設 SHIBUYA QWS (渋谷キューズ)にて未収穫作物活用方法をテーマにワークショップを開催しました。

QWS コーポレートメンバー(法人会員)としてワークショップに参加していた、味の素社のZ 世代事業創造部が、本企画を中津市に提案。農業の後継者不足により十分に収穫できない農作物を有効活用するために、今回の実証実験がスタートしたのです。

2022年(令和4年)4月下旬〜5月初旬、立命館アジア太平洋大学の学生らが、この実証実験に参加しました。地元企業・WELCOMEやまくに合同会社の指導を受け、中津市の竹林で100本を超えるタケノコを収穫し、加工場で、タケノコを水煮に加工するという体験です。

奥塚正典中津市長・中津市職員、立命館アジア太平洋大学の学生と一緒にタケノコを収穫する様子

そして6月、大分県内にてスーパーマーケットを運営するトキハインダストリー社にてZ世代が加工した「タケノコの水煮」を、味の素社の「Cook Do®」青椒肉絲用と合わせて店頭販売することになりました。

トキハインダストリー社での店頭販売の様子

中津市の農政振興課は、「地域課題の解決に加え、関係人口づくりにもつなげられれば」と期待を語ります。

味の素社は、これからも「食と健康の課題解決」という視点から、フードロスの削減や持続可能な地域づくりなど、全国で行われるさまざまな取り組みを積極的に応援します。

そして、さらにZ世代である学生たちが、農業や地域の実態に触れ、SDGs(持続可能な開発目標)に役立つ行動につなげられるよう、今後も継続的に支援していきます。

※2022年7月1日付にて、Z世代事業創造部は、生活者解析・事業創造部に統合されました。

2022年6月の情報をもとに掲載しています。

「最新記事」一覧を見る