活動レポート

就活生必読!味の素(株)のインターンシップ、人気の理由とは

「実践的でプログラムが濃い」「一生ものの体験になる」と昨今、就活生の間で注目を集めているのが、味の素(株)のインターンシップです。

実施されているのは、セールス&マーケティング部門の「Global Business Workshop」(以下、GBW)と、昨年度からスタートしたR&D部門の「Technology based Innovation Workshop」(以下、TIW )の2種類。それぞれのワークショップについて、人事部の児玉悠輔氏と佐藤英明氏が、その全貌を語ります。

GBWで就活生に起きる変化とは?

GBWとは、味の素(株)が主催する就活生のための企業体験の場です。一般応募で全国から集まった学生たちが、実際にあったケーススタディをもとに、様々なテーマの課題解決に挑みます。
10年以上の実績があり、2019年度は2月に東京で2回と大阪で1回、それぞれ3日間にわたるプログラムが実施されました。参加者は各会場1回につき約30名~40名。毎回6名ほどのチームに分かれて、与えられた2つのテーマに取り組みました。参加者の満足度は95.3% という高い評価を得ています。

この、ワークショップの趣旨や目的を、企画運営する児玉悠輔氏(人事部人財開発グループ)に聞きました。

2020年2月GBWの様子

児玉 悠輔 氏(人事部人財開発グループ/2014年入社)

-------GBWの目的とは?
「GBWは実践的なプログラムを通して、当社事業内容の深い理解ならびに社会人に必要なスキルを高めていくことを目指しています。ワークショップでは当社が実際に扱った案件をケーススタディとし、チームごとにディスカッションして、プレゼンまで持っていき、当社の社員からフィードバックを受けるという流れです。
2つのケーススタディを3日間通して真剣に考えることで、チームとして最後までやり抜く意識や、自らの強みを活かし主体的に行動する意識など、一社会人として成長できるプログラムを組み立てています」

-------人として成長できる部分とは?
「自分の強みと弱みを知り、それを今後の就活などにも活かせるワークショップであるということです。参加者は体育会系の学生、マーケティングの知識が豊富な学生、海外生活の長かった学生などさまざまで、いろんな個性がチームを組んでケーススタディに取り組む中で、各々の強み、弱みがあぶり出されてきます。たとえば、マーケティングの知識に強い学生はディスカッションでリーダーシップを発揮する、しかし途中で行き詰まって沈滞ムードになったときは体育会の学生がみなを励ましてムードメーカーになる......。各々が自分の活躍できるポジションを見つけてチームに貢献しようとがんばる、そんな学生たちの姿を見て、各自が成長していける場であると感じています」

-------参加した学生の反応は?
「課題のケーススタディは、当社の入社数年目の社員が実際に扱った案件で、学生にとってはかなりハードかもしれません。はじめは頭を抱えてしまう学生も多いですよ。それでもチームで知識と知恵を出し合いながら楽しそうにワークしていましたね。最終的にはどのチームもそれぞれに解を見つけ、プレゼンにこぎつけています」

-------フィードバックはどのように行われますか?
「実際にその案件を担当した社員が行います。学生向けではなく、社員にするのと同レベルのフィードバックを行いますので、人によってはかなりきびしく感じられるでしょう。しかし、そのフィードバックを次のケーススタディに活かせる学生も多く、わずか3日のうちにめざましい進化が見受けられます」

-----そのほかにどんなプログラムがありますか?
「フィードバック後は当社の若手社員との交流会、人事部からのキャリア開発や就職活動に対する考え方などをご説明し、懇親会でお疲れさまという流れです」

味の素(株)R&D初のインターンシップ!"デザイン思考"で新しい価値を生み出す

味の素(株)の研究開発者を目指す学生が参加するR&D部門のワークショップTIWは、2020年1月に第1回が開かれ、一般応募で全国から集まった学生たちの中から選ばれた約40名が参加しました。
参加者は、味の素(株)の研究開発領域の広さを体感するとともに、これからの企業研究者に求められるチカラに着目したワークを通して、社会課題を解決するための研究開発テーマの創出にチームで取り組みました。

初回にも関わらず参加者の満足度は95.4% という高い評価を得ています。企画運営を担当した佐藤英明氏(人事部人財開発グループ)に、開催趣旨とその内容を聞きました。

佐藤 英明 氏(人事部人財開発グループ/2013年入社)

------はじめにTIWの趣旨を教えてください。
「まずは当社を知っていただきたいということです。味の素(株)=食品メーカーというイメージが強いと思いますが、じつは食品以外にも幅広い分野でビジネス展開している企業であることを知っていただきたい。
ほんの一例ですが、たとえば半導体向けの層間絶緑材料、化粧品の原料、さらには、血中のアミノ酸濃度のバランスをもとに現在がんである可能性を評価する検査等々、多岐にわたります。

その分野ごとにインターンシップを開くと膨大な数になってしまうため、すべての研究者に共通する力である創造力やデザイン思考力にフォーカスし、インターンシップを開催することにしました。

また、理系の学生にとって、企業研究者のイメージはなかなか持ちにくいところがあります。私自身も当社のR&D部門出身で学生時代は研究に日夜明け暮れていました。学生の頃は企業研究者に求められる力は何か?企業と大学の研究はどう違うのか?などの多くの疑問に関し、情報を得る機会が少ない印象がありました。そうした学生さんの疑問を少しでも解消するだけでなく企業研究者に求められる力を体感し更に養ってもらえたらと思いプログラムを企画させて頂きました。」

味の素(株)バイオ・ファイン研究所

--------味の素グループの研究者に求められる力とは?
「新しい社会価値を生み出すイノベーションを起こす力が挙げられます。自身の専門性を高めることはもちろん、その枠を超えた領域や社内外の様々な要素を掛け合わせて新たな社会価値を生み出せる人財が求められています」

-------プログラムはどのような内容ですか?
「まず、インターンシップ参加者には選考試験の一環としてideagramというテストを受けてもらいました。アイディア創造力や共感力など、これまでは数値化が難しかった要素をスコア化できるおもしろいテストです。
会場は当社の技術を展示した最先端施設であるCICセンターです。ここで当社の多分野の技術について理解してもらい、その後、新しい社会価値を創出するためのワークショップに入ってもらいました。プログラムは当社で活躍する若手研究者と一緒にチームに分かれ、レクチャーした手法を駆使しグループワーク、プレゼン、フィードバックという流れで行いました。

今回の課題は「心と身体を健康にする未来の食体験」。
"デザイン思考"を切り口に、世の中のニーズがどこにあり、それをどう解決するのかを考えてもらいました。それも単にひとつの技術を使って解決するのではなく、他の技術と組み合わせることで新しい価値を生み出す、そんな発想方法も重視しました」

-------参加者はどのような学生ですか?
「参加者は理系であることを除けば、学部、専門、学士、修士などはバラバラです。男女比でいうとやや女性のほうが多いぐらいですね。
味の素社=食品メーカーというイメージの強かった学生からは、当社にこれほど多岐にわたる技術があり、世界中で幅広いビジネスを展開していることに、驚きの声が聞かれました。

ワークを通して私が驚いたのは、学生さん達のアイデア出しの速さです。ideagram選考で創造力の高い学生が多いことは予想していましたが、参加していた当社の研究員も彼らの柔軟な発想力に『勉強になった』というほどです。

プレゼン方法はスキット(寸劇)という新形式を科しましたが、どのグループもひるまず(笑)、私の期待を上回るスキットで楽しくプレゼンしてくれました。学生からは、演じることで新たな気づきがあったという声をもらっています。

プレゼン後に当社研究員からフィードバックを行い、その後の流れは、GBWとほぼ同様です」

かけがえのない3日間! 切磋琢磨した仲間と多くの気づきが得られた

2018年度のGBWに参加し、2019年に入社した大住磨緒氏(グローバルコミュニケーション部メディアグループ)に、その経験と得られたものについて聞きました。

------振り返ってみて、どんな3日間でしたか?
「私は味の素社のことをより深く知るために参加したのですが、当社についてだけでなく、社会人としてのマインドを学べた3日間でした。他社のインターンシップにも参加していましたが、GBWによって自分の強みと弱みを理解でき、その後の就活にも活かせたことが大きな収穫でした。
また、もし私が味の素社に入社したら、こんな仕事でこんなふうに活躍できそうという将来像が頭の中に描けたことが、入社希望を決定づけました」

------ともに参加した学生の印象はいかがでしたか?
「チームを組んで課題に取り組む楽しさを感じるとともに、優秀な学生が多かったので刺激になりました。すべてが自分の成長につながったと思いますし、視野を広げてもらった3日間でしたね。

ワークショップで私の弱いところを補い、助けてくれた学生たちは他社に就職していますが、彼らとは今も交流が続いています。これは本当に得がたい人脈になっています」

大住 磨緒 氏 (グローバルコミュニケーション部 メディアグループ/2019年入社)
現在の主な業務:企業ブランド価値向上を目的とした社内外への情報発信及び、味の素(株)グローバルサイトの運営

参加学生が、ビジネスの現場で活躍してくれることを願って

味の素(株)は、21世紀の社会が直面する課題として「健康なこころとからだ」「食資源」「地球持続性」の3つを掲げています。当社は、独自の技術と知見を活かして解決していくこと、社会・地域と共有する価値の創造を使命とし、同時に企業としても成長していくことを目指しています。
そのための取り組みがASV(Ajinomoto Group Shared Value)です。

GBWとTIW、2つのインターンシップもASVの一環です。なぜなら、この取り組みも、参加した学生が社会課題の解決マインドを持った社会人として、今後のビジネスの世界で幅広く活躍してくれることを願って企画されているからです。

一方、インターンシップの運営に協力した社員たちからは「学生からエネルギッシュなパワーをもらった」「自分の仕事の価値に気づいた」といった声が多数上がっているとのこと。企画運営にあたる児玉氏は、「学生にも社員にも、やりがいや新しい価値の気づきを与えられる場にしていきたい。やりがいが高まることで経済価値が高まり、当社の社会的評価の向上にもつながると思います」と、長いスパンで語ってくれました。

今後、世の中の状況によっては、開催方式やプログラム内容も変化していく可能性があります。オンラインも活用したさまざまな手法を活用し、学生が安心して参加できる環境づくりを進めていく考えです。
TIWでは、オンラインツールを駆使しすることで、1人でも多くの学生に研究現場の雰囲気も伝えていきたいと、新たな試みも考案中です。

次回はどんなプログラムが学生たちを待ち受けているのか。「Global Business Workshop」と、「Technology based Innovation Workshop」は、就活生にとってまさに"一生もの"の貴重な体験となりそうです。

2020年8月の情報をもとに掲載しています。

活動レポート

「働き方改革」で高まる"働きがい" エンゲージメントサーベイで分かったこと

味の素グループは、時代とともに多様化するライフスタイルに合わせ、自社で働く社員に配慮した労働環境の見直しに早くから着手。2017年度からは「エンゲージメントサーベイ」という調査を取り入れ、働き方の改善に向けてより積極的な活動を行なっている。

"エンゲージメントサーベイ"って?

ここでいわれる"エンゲージメント"とは、社員の会社に対する"愛着心"や"思い入れ"、社員と会社の関わり合いの深さを表す言葉。これを調査・測定(survey:サーベイ)して、働き方の改善に役立てようという動きが全国的に高まっているのだ。
味の素グループではこの調査を社員の「働きがい」を測る手段として取り入れ、社員ひとりひとりが高いモチベーションを持ち、仕事に意欲的に取り組めるような労働環境の向上を目指している。

実際、この調査結果の数値が高い職場ではサービスや品質・安全性の向上が見られ、会社全体の業績が向上したという研究結果もある。
また、文化やライフスタイルの異なる国々で広く事業展開する味の素グループの場合、一つのルールで統制をとるのは難しいが、社員ひとりひとりが感じる「働きがい」は世界共通。言葉や文化の壁を超えて、グループ全体が一つになれる。

味の素グループで2017年エンゲージメントサーベイを実施した際 の啓蒙画像。オンラインサーベイとペーパーサーベイ、2つの回 答手段が用意されていた。

味の素グループ初の調査結果は、80%近くと好意的

味の素グループ初の調査が行われたのは、2017年10月16日。早くから働き方の見直しを進めてきた味の素グループだが、そのミッションの一つとして「2020年までに働きがいがあると思う従業員の割合を80%にする」ことが掲げられており、目標達成のためにはまず現状を把握する必要があった。
調査対象は、全社員。約100社あるグループ会社の社員約33,000人に対し、現在働いている職場、その職場環境、所属する会社や味の素グループについてどのように感じているか、率直な意見を求めた。

その結果、「働きがい」について好意的に感じている社員の割合は79%、「自らのこころとからだが健康だと感じている人」の割合は76%と、いずれも多くの社員が現状におおむね満足しているということがわかった。
この調査結果は全社員にフィードバックされる。マネジメント側は改善点を見つけて課題を明確にし、部署ごとに具体的な施策を実行しながら、さらなる好結果を目指していく。

味の素グループで2017年に実施したエンゲージメントサーベイの 回答結果。グループ約100社で87%の回答率で、従業員約29,000 名から回答を得た。働きがいを実感している従業員の割合は79%。 自らのこころとからだが健康だと感じている従業員の割合が76%。 エンゲージメントサーベイの項目は、以下の通り。 持続可能なエンゲージメント、ASV、多様性、健康・ウェルビーイング、ゴール・目標、リーダーシップ、イノベーション、権限 移譲、顧客志向、直属上司、意志決定、コミュニケーション、人材・キャリア育成、業績評価、報酬・福利厚生、誠実性・倫理性

味の素グループは2008年から働き方の改善を始めていた

味の素グループが労働環境の見直しに乗り出したのは、2008年から。より多くの人材が活躍できる会社を目指して、1日7時間労働を前提としたさまざまな取り組みを重ねている。

今までの経緯年表:2008年度は「味の素グループWLB(ワークライフバランス)ビジョン」の策定。2009年度は再雇用制度の導入。2010年度は育短勤務の利用期間拡大(小学校3年生末まで)、育児休暇15日分の有休化。2012年度は職場主体によるWLB向上の取り組み開始。2013年度は「Work@A~味の素流働き方改革~」の立ち上げ。2014年度はコアタイムなしフレックスタイム・時間単位有休休暇・テレワーク(在宅勤務制度など)の導入。2017年度のどこでもオフィス導入、休職制度の拡充、エリア申告制度の導入。

とくに2017年度は、ICT(情報通信技術)の整備によってテレワークをさらに拡大し、ペーパーレス化や社内会議時間の見直し、社内一斉メールの削減など地道な施策によって所定労働時間を20分短縮。よりフレキシブルに働ける環境を目指し、2018年度からはグループ各社にも横展開している。なかでも、味の素グループのどこでもオフィスは高く評価され、日本テレワーク協会が2000年から実施している「第18回テレワーク推進賞」で会長賞を受賞した。

次回エンゲージメントサーベイの実施予定は2019年10月。味の素グループで働く人々の"働きがい"に今後も注目したい。

2019年6月の情報をもとに掲載しています。

活動レポート

野菜を売るのは畑違い? 視点を変えた業務推進が生んだ成功とは

「1日に必要な野菜の摂取目標量は、1人あたり350g以上」といわれていますが、わかっていても難しいのが現実です。
そんな食習慣に革命を起こしたい、そう思い立った若手社員があるプロジェクトを立ち上げました。
“Love(愛)”と“Vegetable(野菜)”をかけ合わせたその名も「ラブベジ」プロジェクト。小さな気づきから生まれたプロジェクトがやがて全社規模の動きへ成長したその裏には、組織体制や向上心を後押しする環境がありました。

「面白いことはどんどんやれ」に後押しされた取り組み「ラブベジ」

ある調査結果で明るみになったのは、「愛知県は野菜の生産額ランキングベスト5」に入る県である一方で、なんと「野菜摂取量は全国最下位」という事実でした。これにショックを受けて立ち上がったのが、名古屋支社の有志5人でした。ラブベジは、地元への愛着と「味の素KKとして何か取り組むべきではないか」という思いに突き動かされスタートした自発的なプロジェクトだったのです。

プロジェクトの目標は、地域の人々の食生活改善に貢献することと、売上をアップすることでした。プロジェクトメンバーの1人である中村諒は
「それまでは、営業として売上を第一に考えるのが当然だと思っていました。しかし仲間たちと話すうちに、『モノを売るだけが営業の価値ではない』という思いが高まっていったのです」。と振り返ります。

新しいことに挑戦する者ほど評価される味の素グループにおいて、上司や支社長たちが、「面白いことはどんどんやれ、遠慮なく挑戦しろ」と全面的に応援したことも、彼らの行動を後押ししました。

視点を変えると野菜が売れる?味の素ならではの食習慣改善施策

まず取り掛かったのは、1品で野菜がたっぷり摂れるメニューの開発でした。メンバーのひとり、管理栄養士の川上真理子は、自分の母校である女子大とコラボし、独創的かつ家庭で作りやすいレシピを開発しました。悪戦苦闘しながらも普段の仕事と違う手応えを感じたと言います。

川上「普段は料理教室などを対象に"うま味"の普及に取り組んでいますが、ひとりで行う作業がほとんど。色々な人から意見やアイデアをもらうのは、自分の知識や技術を試されるようで刺激的でした」

若手営業担当の小寺悠太は、スーパーなどと協力して「野菜の売上アップ」を目標のひとつに設定し、メニューブックの制作に乗り出しました。

小寺「過去の取り組みから、ただ『野菜を食べよう』とメニューを提示しても摂取量の向上に直結しないことがわかってきました。野菜も玉ネギとナスの2種類に絞り込み、簡単でおいしいメニューを川上さんにつくってもらいました」

メニューブックを野菜売り場に置くと、すぐに増刷が必要になるほど次々に持ち帰られるようになりました。しかも、玉ネギとナスはよく売れ、それと連動するようにして味の素グループの調味料が売上を伸ばしていったのです。小寺たちが目指した「生活者・お得意先・味の素グループ、すべてがWin-Win」というプロジェクトの道筋が見えてきたのです。

目標にさらに近くため、人々との接点を増やすことも課題となりました。
そこで、プロジェクト内に「広報チーム」と、「行政チーム」を発足させ、タウン誌への掲載や市区町村イベントへの出店などにも取り組みました。実はこのことは、企業価値の向上も意識した活動でもあったのです。

「野菜嫌いの3大原因」へアプローチした若手社員のアイデア

やがてメンバーたちに、「そもそも、なんで愛知県の野菜摂取量は低いのか?」という本質的な疑問がわき上がります。そこで、調査会社に依頼して全国的な調査を行うと、興味深い結果が出ました。

・野菜摂取量は若い世代ほど低い。
・従って若年者人口の多い都道府県はどこも野菜摂取量が低い。
・しかも厚労省が奨励する「1日350g以上」の野菜を摂ることは、長野県以外達成できていない全国共通の課題。

さらに全国1400サンプルの調査で、なぜ若い世代が野菜を食べないか、その理由が見えてきました。
大きな理由は、「野菜は高い」「買っても使い切れない」「調理レパートリーが少ない」の3つです。これを解決することが摂取量向上のヒントになると考え、たとえば旬のキャベツなら丸ごと1個を使い切るメニューで、しかも、調理器具も極力使わないレシピを追求したところ、得意先であるスーパーなどに歓迎されました。

中村「当初は『売上や自社製品にはこだわらない』と考えましたが、やはり野菜の売上アップという目に見える効果は流通を惹きつけ、自社製品の売上増は支社内でのプロジェクトへの評価を高め、結果としてメンバーのモチベーションも高まりました。企業である以上、事業として成り立たせることが継続性のカギなのだと、改めて勉強になりました」

こうして「ラブベジ」は他府県にも広がり、注目すべき斬新な取り組みとして、会社から表彰されることになりました。若手の自主的な取り組みとして始まった活動が、今、全社的な動きとなろうとしているのです。

何よりの成果は「メンバーの成長と意識の向上」

中村「上下関係のないフラットな組織で、全員が対等に、自由に、そして責任感を持って役割をやり切りました。支社の営業がテレビ局に打合せに行ったり、雑誌のレイアウトを考えたりする機会なんて、めったにありません。『自分たちにもこんなことができる!』という達成感が、全員を成長させてくれました」

メンバー全員が熱意と目標を共有した「ラブベジ」プロジェクト。
・トップダウンでなく、気づいた者が声を上げ、主役となる
・よいアイデアは組織全体で応援し、長い目で育てていく
という、味の素グループが目指す未来の象徴ともなっています。

働き方改革を推進し、世界トップ10企業を目指す味の素KKを象徴する動きの1つとなった「ラブベジ」プロジェクト。
『事業を通じた社会的課題解決への貢献』というASV(Ajinomoto Group Shared Value)の理念を、具現化した、若手社員のインタビューはこちらから

2020年2月の情報をもとに掲載しています。