食と健康

塩分摂りすぎ??「減塩=おいしくない」はもう古い!味の素社が進める
「Smart Salt(スマ塩)」プロジェクト

塩分摂りすぎ??「減塩=おいしくない」はもう古い!味の素社が進める「Smart Salt(スマ塩)」プロジェクト
さっと加えるだけで、料理にコクとうま味を与えてくれるだしの素などの「風味調味料」は、お家ごはんの強い味方。「ほんだし®」や「味の素KK コンソメ」「丸鶏がらスープ」などの商品をご愛用いただいている方も多いのではないでしょうか。

手軽に本格的な味わいを出すことができるのが魅力の商品ですが、じつは減塩タイプが発売されていることはご存知ですか?これらは、「減塩?おいしくないんでしょう?」「薄味で物足りない!」と、減塩に対してネガティブなイメージを抱いている方にこそ、試してもらいたい商品なのです。

お家ごはんの強い味方、減塩タイプの「風味調味料」

おいしさの秘密は、ズバリ「うま味」やだし。味の素社が培ってきたおいしく減塩する技術を活用し、通常の商品とそん色ないおいしさをキープしながら、塩分をカットしています。うま味やコクをしっかり感じられるので、物足りなさがありません。減塩タイプに置き換えるだけで、簡単手軽においしく減塩できるなんてうれしいですよね!

「おいしいなら、減塩の方がいいよね!」
味の素社が提案する「スマ塩」プロジェクトとは、一体どんなプロジェクトなのでしょうか。

日本人は塩分摂りすぎ!?

日本人の食塩摂取量が、目標量を大幅に上回っていることはご存知でしょうか。

厚生労働省が定める食塩相当量の目標量が、成人1日あたり、男性:7.5g未満、女性:6.5g未満※1であることに対して、実際の摂取量の平均値は、男性:10.9g、女性:9.3g※2ということですから、いかに過剰摂取しているかが分かります。日本人のじつに約80%が塩分の摂り過ぎであるといわれています※3

※1:厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2020年版)
※2:厚生労働省「国民健康・栄養調査」(令和元年)
※3:厚生労働省「国民健康・栄養調査」(令和元年)20歳以上食塩摂取量より味の素社が推計

味の素社が取り組む「スマ塩」プロジェクトとは?

塩分の摂り過ぎは、いまや世界的な健康問題。こうした流れを受け、味の素社は、「うま味によるおいしさを提案し、減塩の促進に取り組んでいこう」と、2020年(令和2年)7月に「スマ塩」プロジェクトを立ち上げました。以来、「食と健康の課題解決企業」を目指し、「おいしい・やさしい・あたらしい減塩」をさまざまな手法で発信しています。

減塩を目指す方に、ぜひ見てもらいたいのが「AJINOMOTO PARK」にある「スマ塩」レシピサイトです。

ラーメンやカレー、パスタなどの人気メニューは、もともと塩分の高い料理の代表格ですが、ここではうま味やだしを上手に効かせ、無理なく減塩できるレシピをご提案しています。ひと口食べてもらえば、「減塩=薄味でおいしくない、物足りない」といったこれまでのネガティブなイメージが変わるかもしれません。

「スマ塩」レシピ:丸鶏白湯ラーメン

「スマ塩」レシピ:丸鶏白湯ラーメン

塩分ひかえめ。豆乳のコクを活かしたまろやかなスープに野菜もモリモリで満足感のあるラーメンです。

また、味の素社のコミュニティサイト「食の楽しい!発見コミュニティ」では、味の素社の減塩商品による減塩レシピを体験した「減塩チャレンジ」のモニター調査も実施しました。

実際に、当社の減塩商品を利用して、減塩レシピを体験してもらうことで、「減塩はまずいというイメージがまったくなくなりました」「物足りなくないし、ちゃんとおいしい。いつもどおりの調理なのに減塩ができるなんて夢のよう」といったポジティブなコメントをもらい、減塩に対するユーザーの意識変化につながっています。

減塩に対するイメージの変化へ ~味の素社が挑む食と健康の課題とユーザーの声~

「うま味やだしを効かせる減塩をしたいと思っているものの、実際は調味料を減らす行動により、おいしくない・味が薄いという不満につながっている」と指摘するのは、味の素社の西井孝明社長。「うま味調味料と風味調味料を使った、おいしい減塩を推進・啓発することで、今後はグローバルな「スマ塩」を展開し、世界中の人々の減塩に貢献したい」と意気込みを語っています。
※40-70代主家事女性、調査対象人数=658、2020年3月味の素社調べ

実際、減塩チャレンジのモニター調査では、すべてのレシピにおいて「おいしい」の感想がトップになっており、体験した方の89%が「減塩に対してポジティブなイメージに変化した」と回答(ネガティブイメージを持っていた方は、じつに98%がポジティブに変化)。味の素社が提案する減塩レシピの体験によって、減塩のイメージを変革できることが示されました。

減塩チャレンジのモニター調査結果

コミュニティサイト「食の楽しい!発見コミュニティ」おいしい減塩チャレンジ★モニターレポートより

「スマ塩」プロジェクトでは、今後も、より多くの「おいしい・やさしい・あたらしい減塩」レシピや減塩のコツなどを開発・発信し、「食と健康の課題解決企業」として、これからもさまざまな取り組みを行っていきます。

2022年3月の情報をもとに掲載しています。

「最新記事」一覧を見る