活動レポート

長時間調理に革命!レンチン8分本格チャーシューがつくれる「スチーミー®」ってなに?

ごはんにもお酒にも合う“チャーシュー”は、家族みんなの大好物。でも、手間と時間がかかることから「なかなか手づくりに踏み切れない」という方も多いのではないでしょうか。

「自宅で食事をする機会も増えているので手の込んだものをつくりたい。でも毎日忙しくて、料理にゆっくり時間をかけられない……」

そんな方におすすめしたいのが、味の素社の圧力スチームパウチ入り調味料「スチーミー®」。特製ソース入りパウチにお肉を入れ、電子レンジで加熱するだけで、手間のかかる煮込み料理が短時間でつくれてしまうすぐれものです。下ごしらえから片付けまで含めてわずか15分で、味がしみ込んだチャーシューができあがるなんて夢のよう!「スチーミー®」とは、いったいどんな調味料なのでしょうか。

夕食の支度にかける時間、約6割の世帯が「40分以下」

仕事に、家事に、育児に、趣味に......と、何かと忙しい毎日。人々のライフスタイルの変化に伴い、調理時間は年々短縮の一途をたどり、今では「夕食の支度にかける時間は40分以下」という世帯が約6割を占めています。さらに食事づくりを億劫にさせているのが、「今日は何をつくろう?」という献立の悩み。手間のかかる下ごしらえや後片付けもまた、食事づくりを面倒に感じさせている要因となっています。

その一方で、多くの人が、「食卓の品数が増えた時」や「レパートリーが増えた時」、「簡単でも手づくりした時」に、「食事づくりの満足度が高まる」と感じていることも分かっています(以上、すべて2019年味の素社調べ)。

満足度の高い肉メニューは、悩めるおうちごはんの強い味方ですが、手間のかかる料理はハードルが高め。とくに煮込み時間を要する「チャーシュー」は、人気に反して食卓出現頻度は低めであることが分かっています(味の素社調べ)。でも、レンジでチンするだけで、手づくりのチャーシューをつくれるとしたら......!? 試してみたいと思いませんか。

パウチ入り調味料「スチーミー®」を使えば、レンチンわずか8分で絶品チャーシューができちゃいます!

試行錯誤の末に誕生した「スチーミー®」

スチーミー®<豚チャーシュー用>

スチーミー®<鶏チャーシュー用>

スチーミー®<スペアリブ用>

食べ応えのあるかたまり肉のメニューは大人から子どもまで人気がある一方で、調理に手間がかかるため、家庭での手づくり頻度が低いのがです。そこで、「レンジで簡単につくれる商品があれば、多くの人に受け入れられるのでは」と、新商品の開発が始まりました。

「時間のかかるチャーシューを、短時間で」という思いで開発された「スチーミー®」は、味の素社初となる"圧力スチーム調理パウチ"。調味料入りのパウチにお肉を入れてレンジで加熱すると、蒸気でパウチが膨らむ仕組みになっています。

構想から製品化までに費やした時間は約3年。「電子レンジでかたまり肉をやわらかく、ジューシーに仕上げる」という目標品質を実施するために行った試作評価は、じつに3,000回以上にも及びます。

青貫浩之

「合わせ調味料のレシピや圧力がかかるパウチの開発、加熱時間やお肉の量、調理ディレクションを変えながら、何度も何度も試作を繰り返しました。味については、特許出願中の"お肉やわらか技術"と独自素材(コク味成分)を活用することで、長時間煮込んだような食感や味わいを出すことができました」(味の素社 調味料事業部 メニュー調味料グループ 青貫浩之氏)

さまざまなアレンジが楽しめるのも魅力!

「スチーミー®」の使い方はとっても簡単。お肉を半分に切り、パウチに入れて調味料を1分ほどもみ込んだら、電子レンジ(600W)で8分加熱し、5分蒸らすだけ。鍋で手づくりしたら、60分は必要な加熱時間をギュッと短縮させることができ、あっと言う間にメインディッシュが完成します。しかも、後片付けはパウチを捨てるだけなので、鍋を洗う手間もありません。

利用者からは、おいしさだけでなく「手軽におかずを1品増やすことができる」「時短になり、ほかの料理に時間を費やせる」「後片づけが楽」といった「スチーミー®」ならではの評価コメントが多く寄せられていて、昨年3月の発売以降、着実に売上を増やしています。

「スチーミー®」のラインナップは、<豚チャーシュー用><鶏チャーシュー用><スペアリブ用>の3種類。アレンジも自在で、たとえば、「スチーミー®」で調理したチャーシューを使えば、お店顔負けの本格チャーハンがつくれます。残ったタレを蒸し野菜に和えるだけで、手軽にもう一品増やす、なんてことも♪

SNSで「神アイテム」「魔法の袋」といったコメントも寄せられている「スチーミー®」。今晩のおかずにいかがですか。レンジでつくったとは思えないほど本格的なチャーシューが、あっという間につくれますよ。

「『スチーミー®』で作る豚チャーシュー炒飯」

<豚チャーシュー用>を使用

「『スチーミー®』鶏チャーシュー丼」

<鶏チャーシュー用>を使用

2021年9月の情報をもとに掲載しています。

研究開発

食物アレルギーの食事を助ける!「小麦・卵・乳」不使用のから揚げ登場

食物アレルギーを持つ方やその家族にとって、日々の食事の苦労は尽きることがありません。誰もがアレルギーを発症する可能性のある現代では、アレルギーへ配慮した食品へのニーズも増え続けています。
そんな中、味の素冷凍食品(株)では、「小麦・卵・乳」アレルギーのある方でも安心して食べられる、しかも、とてもおいしいから揚げを開発しました。

お客様の声にこたえたい

近年、食物アレルギーは増加傾向にあり、その原因食物の約7割が「小麦・卵・乳」となっています。

これらは「3大アレルゲン」と呼ばれ、とくに未就学児において発症率が高いと言われています。また、小麦アレルギーは大人になってからの発症率も少なくなく、より重症度も高いそうです。

出典:味の素冷凍食品(株)調べ

「家族全員で同じ食事ができない」
「友達と一緒にごはんが食べられない」
「食べられるものを手作りしなければいけないのが大変」

食物アレルギーを持つ家族がいるご家庭では、みなさん深い悩みを抱えています。

味の素冷凍食品(株)のお客様相談室に寄せられるアレルギーに関する問い合わせも増加傾向にあり、中でも「やわらか若鶏から揚げ ボリュームパック」については最も多くお問い合わせをいただいていました。

そこで「小麦・卵・乳」を使わない「から揚げ」の開発が始まりました。

おいしさと安心・安全の両立

発売から20年以上にもなる人気商品「やわらか若鶏から揚げ ボリュームパック」。
アレルゲンとなる小麦を除去するためには、味の決め手となる醤油を変更する必要がありました。
既存のファンを大切にしながら、食物アレルギーへの配慮した商品を開発することは、大きなチャレンジだったのです。

開発担当者が約2年にわたって挑戦し続けたこだわりのポイントを聞いてみましょう。

味の素冷凍食品(株) 製品戦略部 笹枝由紀子

「小麦不使用の醤油」の開発から着手

笹枝「ロングセラーの人気商品が、『小麦・卵・乳』を不使用にしたからおいしくなくなったというのは許されません。ですから、さらにおいしくすることと、『小麦・卵・乳』不使用で安心・安全であることの、両方を満たすことがミッションでした。

衣には米粉を使用していましたが、おいしさの決め手である醤油に小麦が使用されていたため、小麦不使用の醤油に変える必要がありました。

醤油メーカーさんと、原材料に小麦の代わりに米を使った醤油の開発を始めましたが、コクと味の深みが思うように再現できずに苦労しましたね。」

「やわらか若鶏から揚げボリュームパック」(小麦・卵・乳不使用)
大ぶりにカットした若鶏の一枚肉を生姜醤油に漬け込んでやわらかくし、揚げる前にさらに丸大豆醤油をからめて香ばしくする「二段仕込み製法」で仕上げている。

笹枝「ついに小麦不使用の醤油を使ったおいしい味つけにたどり着くことができましたが、今度は、『小麦・卵・乳』不使用の安全性を高めるために、製造工場の設備も見直さなければなりませんでした。せっかく醤油を変えても、以前と同じ環境で設備を使っていると、小麦の成分が混ざってしまう可能性があるためです。
何度も洗浄を繰り返し、時間をかけて検証し、安心・安全な製造環境・設備を整備しました。
こうして、構想から約2年、およそ100回の試作を重ねた末に、『小麦・卵・乳』不使用で、なおかつおいしいから揚げにたどり着くことができました。」

お弁当にも気軽に!

小麦を使わない醤油の開発、製造設備の見直しなど、おいしさと安心・安全の両立への努力を重ねるとともに、さらに、お客様の声から新しい商品バリエーションの開発にも取り組みました。

笹枝「給食でアレルギー対応ができない学校では、お弁当を作る機会が多いというご家庭の状況も伺いました。
そこで、平行してお弁当用に一口サイズで自然解凍でもおいしく召し上がっていただける商品の開発にも挑戦しました。」

「国産鶏のうまから揚げ」(小麦・卵・乳不使用)
国産鶏肉だけを使用し、本醸造醤油と生姜でじっくり漬け込み、やわらかくジューシーに仕上げた安心でおいしいから揚げ

「やわらか若鶏から揚げ ボリュームパック」はタイの工場で製造していますが、お弁当用の新商品を製造する九州の工場でも、製造環境や設備を整え、何度も試作が繰り返されました。
さらに「レモンとバジルのチキン香り揚げ」「柚子胡椒のチキン香り揚げ」も「小麦・卵・乳」不使用にリニューアルされました。

お弁当でも『みんな一緒に同じものを、おいしく、安心して食べられる。』を目指し、ホームページでは商品を活用した子どもが喜ぶお弁当レシピもご紹介しています。

「小麦・卵・乳」不使用!簡単★から揚げ弁当レシピ

味の素冷凍食品(株)では、食物アレルギーに配慮した商品についての取り組みを、公式キャラクターの「あじペン®」といっしょに楽しく学べるサイトをオープン。

商品ラインナップ、よくあるご質問、商品開発担当者のスペシャルインタビューなど、盛りだくさんの内容をぜひご覧ください。

2020年7月の情報をもとに掲載しています。

料理ビギナー

「ゆでる」は地味だが役に立つ~ 
メリットだけじゃない!そばが鍋底にくっつかない方法も教えます

料理ができたらいいな……と思ってはいるものの、レシピを見てもどこから手をつけていいのかわからない。スーパーマーケットに行ってもどんな食材や調味料を買えばいいのかわからず、ただただ立ち尽くす……。

そんな“非料理男子”のフリーライターMさんが、予備知識以前のギモンや謎を解明し、料理男子を目指します。

今回のテーマは「ゆでる」。沸騰した湯に入れるだけ、という、わざわざ注目するまでもない調理法のように思われますが、そこには思わぬ底力が秘められていました。

そばが鍋底にくっつかないゆで方のポイント3つ

こんにちは。「非料理男子ライター」のMです。

挨拶もそこそこにいきなり本題に入りますが、今回は「ゆでる」について学びます。

「え? なんで『ゆでる』なの?」

そう戸惑う読者がいても無理はありません。料理の世界には様々な調理方法が存在します。「煮る」「焼く」「揚げる」......などなど。

そんななか「ゆでる」はどちらかというと地味なイメージ。ポピュラーな調理方法を差し置いてなぜ「ゆでる」なのか。経緯はこうです。

ことの発端は昨年の大晦日。この日は年越しそばが欠かせません。ハロウィンやクリスマスなどと違って、私のような単身世帯でも関わることのできるありがたいイベントです。
さっそくスーパーで生そばとめんつゆを調達することにしました。

ぐらぐらとお湯が煮立った小鍋に生そばを投入。数分後にはおいしい年越しそばとご対面のはずが――。

そばを湯切りしようとザルにキャッチしたところ、なんと! そばが鍋底にがっしりとくっついているではありませんか。おまけにそば同士がくっつきダマ状になり喉越し最悪! なんともUnhappy New Yearな幕開けとなりました。

さっそく調べたところ、そばのゆで方にもコツがありました。

・できるだけ大きな鍋を使う
・たっぷりのお湯に入れる
・箸でほぐしながらゆでる
の3点。

「ゆでる」のメリットとは

新年早々、「ゆでる」について興味がわいてきました。じつは底知れぬ可能性を秘めているのかも......。ということでさらに掘り下げることに。

「ゆでる」とは

熱水(常圧で最高100℃)中で食品を加熱する操作。熱の移動から見て湿式加熱の煮る操作の一つ(『調理用語辞典』より 抜粋)

だそうです。

「湿式加熱」は水分を使った調理方法のこと。「蒸す」や「煮る」も同じカテゴリーです。

油を使う調理方法よりもヘルシーに仕上がるのが特徴です。野菜はゆでると柔らかくなってカサが減るので、生よりもたくさん食べることができるのだとか。

健康が気になりだした私にはなんとも耳よりな情報。たしかにキャベツ半玉を生で食べるのは苦行でしかありませんが、ゆでてしんなりしたものなら結構イケそう。

読者の皆さんも徐々に「ゆでる」の"バイプレイヤーぶり"に気づいてきたころでしょうか。しかし、まだこんなものではありません! 「ゆでる」にはさまざまなバリエーションがあるのです。

たとえば、食材のアク抜きや味を染みこませやすくする下準備としての「下ゆで」、短時間だけ加熱する「湯通し」、魚や鶏肉の表面にだけ熱を通す「湯引き」など、これらの工程なくして完成しない料理は数知れず。じつは侮れないんです!

たっぷり、ひたひた、かぶるくらい......水の量も要注意!

ゆで料理のレシピを見ていると、水の量が表示されていないケースもちらほら。その代わりに「鍋にお湯をひたひたに注いで~」とか「お湯の量はかぶるくらい~」といった表現を目にします。

たっぷり、ひたひた、かぶるくらい......。う~む、違いがまったくわかりません!

水の量が多い順に、

たっぷり:鍋の容量の8割程度まで水を入れて、材料がすっかり沈んだ状態。乾麺やタケノコ、山菜などをゆでる際に使われる。

かぶるくらい:材料の頭が水面の下に沈むくらいの量。じゃがいもや大根などをゆでるときの適量とされる。

ひたひた:材料の頭が水面から見え隠れするくらいの量。どちらかというと煮物のレシピで見かける表現。

といった目安があるそうです。なるほど、これも覚えておきたい表現です。

さて、次に気になるのがゆであがりのタイミング。

お湯から引き上げる見極めポイントはあるのでしょうか? いくつかのレシピを調べたところ料理や食材によって判断基準は多種多様です。

「沸騰してから3分で火をとめる」というゆで時間の具体的な指示から「しんなりするまで」「竹串がすっと通るくらい」など作り手の感覚に頼った指示まで、あらゆる料理に当てはまる最適解はありません。

ビギナーのうちは勘に頼らず、レシピ通りに調理するのがよさそうです。

アク抜きの「アク」ってなに?

今回の記事でもたびたび登場する「アク」。いかにも悪そうな名前ですが、これは食品に含まれている苦味やえぐみ、臭みといった"不要な味"の総称です。

アクの成分になる物質は水溶性が多いため、食品を水にさらしたり、ゆでたりすると「アク抜き」ができます。ゆでているとアクが薄茶色い泡になって浮かんでくるのでおたまやスプーンですくい取りましょう。

しかし、アクは素材独自の風味ともいえます。アクをすべて取り除くのがよいと一概にいえないのがおもしろいところです。

ちなみに、「タケノコはアクが強い」。料理ビギナーでも一度は聞いたことがあるはずです。
だからタケノコも調理前にゆでてアク抜きするのが定番なのだそう。おいしく調理するために「ゆでる」は欠かせない工程なんですね!

「タケノコはアクが強い。だからゆでる!」
ひとつ賢くなりました。

いつかなりたい「ゆでに覚えあり」の上級者

それではもう少し実践を意識して、「AJINOMOTO PARK」の「レシピ大百科」を見てみましょう。作り置きに便利な「しっとりゆで鶏」にはじまり「シンガポール風チキンライス」「ゆで豚のごまだれかけ」というメニューもあって、豊富なバリエーションに驚かされます。

スパゲティのレシピもよく見かけます。冒頭で触れたそばをゆでるコツはスパゲティにも使えるので、ぜひ参考にしてみてください。

スパゲティといえば、なんとなく聞いたことがある「アルデンテ」。
こちらはパッケージに表記されているゆで時間より1分早めにお湯から引き上げたらよい、とのこと。髪の毛一本分の芯を残した理想のゆで方です。

また、ゆで野菜も定番ですが、ほうれん草や小松菜は、余熱による火の通りすぎを防ぐため、ゆでたらすぐに水にさらすこと。
一方で、ブロッコリーやキャベツ、そら豆などは水にさらさなくてもOK。ゆであがったらザルにとりましょう。

「ゆでる」には料理の幅を広げる底力があるようです。それに、ある種あいまいな部分が多いため、忠実にレシピと向き合う大切さも教えてくれます。

う~む、シンプルに見えてなかなか奥が深い。「ゆでる」をさらに突きつめていけば、「ゆでに覚えあり」もとい「腕に覚えあり」の料理男子にグっと近づけそうです!

2021年2月の情報をもとに掲載しています。

食と健康

パスタ!冷しゃぶ!春巻き! 夏バテ対策に味も栄養もグレードアップ

手軽で簡単な晩ごはんや、休日のランチ、毎日のお弁当に人気の定番メニューも、ちょっとしたアイデアで夏仕様にアレンジすれば、夏バテを予防する新メニューに。
今回は、暑い時期に人気の「冷製パスタ」と「冷しゃぶ」、そしてお弁当にも人気の「春巻き」をピックアップしました。
食欲が減退しがちな季節でも、もりもり食べられて、暑さや病気に負けない体を作るレシピを紹介します。

夏バテの原因は「冷え」と「栄養不足」

夏バテは、医学的な用語ではありませんが、高温多湿な日本の夏の暑さによる体調不良の総称です。
暑さが続くと「疲れがとれない」「食欲がなくなる」「よく眠れない」という方がいらっしゃいます。このような「だるさ」の原因の中に、「冷え」と「栄養不足」があげられます。

外は暑いのにオフィスや電車ではカラダが冷える...といった「夏の冷え性」も夏バテの原因の1つです。体が冷えると汗をかきにくくなり、体温調節がうまくできなくなるからです。

また、夏はそうめんや冷や麦など炭水化物にかたよった献立・レシピになりやすく、栄養バランスがくずれがちに。そこで、不足しやすいたんぱく質、ビタミン、ミネラルを意識したバランスの良い献立をご紹介します。

タコのガスパチョ風味で疲労回復パスタ

パスタソースは皮を湯むきしたトマトと玉ねぎをミキサーにかけ、調味料と混ぜ合わせるだけ!仕上げに茹でダコのスライスをトッピングすれば、超簡単冷製パスタの完成。バジルの風味が本格的な一品です。

夏の太陽を浴びた緑黄色野菜(トマト、かぼちゃ、ピーマンなど)は、カロテン、ビタミン、食物繊維、カリウムなどのミネラルが多く含まれています。
タコは良質のたんぱく質がたくさん含まれていて、疲労回復にもおすすめです。

さっぱりねぎ塩ダレで箸がとまらない豚しゃぶ

好きな野菜と豚のスライス肉をたっぷりのお湯で茹でるだけの冷しゃぶ。みじん切りにしたネギを調味料と混ぜ合わせるだけの、特製だれでいただきましょう。

豚肉に多く含まれるビタミンB群は、エネルギー代謝や疲労回復に効果的。
ビタミンB1は、にんにくやねぎなどのアリシンを含む食材と一緒に食べると、吸収が良くなります。

何個でも食べられる!梅肉風味の大葉春巻き

子ども大人も大好きな春巻き。ひき肉と玉ねぎ、調味料を準備して、市販の春巻きの皮を使えば、「混ぜて包んで焼くだけ」の時短料理です!

しょうがやしそなどの香味野菜は、食欲アップに効果的。夏にピッタリのさっぱりとした味のアクセントにもなります。梅干しに含まれるクエン酸も積極的にとり入れましょう!夏の疲れたカラダに◎

夏バテ対策の基本は、まず体を冷やさないように心がけること。そして、栄養バランスを意識した食事をとることです。
生活と食事を見直して、夏の体調不良を防ぎましょう。

ご紹介したレシピを、副菜や汁物とあわせた献立メニューは、こちらからチェックしてくださいね。

2020年9月の情報をもとに掲載しています。