活動レポート

子どもも大人も夢中になる、味の素グループの「工場見学」に行ってみた

子どもも大人も夢中になる、味の素グループの「工場見学」に行ってみた

日本国内にある味の素グループの工場は3つ。そのうち最も古い工場が、神奈川県川崎市の鈴木町に位置する川崎工場だ。そこは、京急川崎駅から小島新田駅を結ぶ京急大師線の、鈴木町駅を中心に前後4駅分に渡る広大なエリア。東京ドーム8個分に相当する約10万坪の敷地にあり、「味の素®」や「ほんだし®」「Cook Do®」といった主力製品の製造工場から物流センターまでを備えた、いわば味の素グループの心臓部だ。製品の製造・出荷工程はもちろん、さまざまな体験ができる見学コースが、幅広い年齢層に人気だ。





鈴木町にある川崎工場は、「味の素®」の製造が開始された1914年から操業。1923年9月1日の関東大震災により一度は全壊したものの、1925年に再建された。


工場見学はシアターでの"うま味体験"からスタート

工場見学は製品ごとに現在3つのコースが設定されていて、いずれも、川崎工場の玄関口に当たる「味の素グループうま味体験館」を起点にスタートする。見学ツアーには一人ずつクルーがついて、要所要所でわかりやすく楽しく解説してくれる。
まず最初は、四方壁面がスクリーンとなったシアターへ。製品の要でもある"うま味"が自然の恵みから作られていること、食を通じて人々の暮らしにどう溶け込んできたのか、そのあゆみを360度の迫力映像で体感。

いよいよ工場見学の各コースへ出発

各工場へはコース別に専用バスで移動する。広大な敷地内をのんびりと進みながら、クルーによる歴史や豆知識をふんだんに盛り込んだ解説に耳を傾けていると、すれ違う社員やスタッフたちが笑顔で手を振ってくれる。心和む瞬間だ。

「アジパンダ®」と「アジパンナ®」が描かれた可愛いバスにテンションが高まってくる。

「ほんだし®」工場はまるで料亭!その味わい深さをじっくり体感できる

「ほんだし®」工場は、7階建のうち2階と5階が見学エリアとなっている。料亭をイメージして作られたという館内は、心地よい薄明かりの照明や、木の温もりを感じられるインテリア、ふんわりと漂ってくる芳醇なかつおだしの香りに、日本人に生まれてよかった!と気分もほっこり。
燻分けた3種類のかつお節を運び込むところから始まる製造工程は、粉砕から最終的な製品化まで、その豊かな香りを逃さないよう工夫された環境で進められる。見学半ばでは、本格的なかつお節削りを体験したり、未だ解明されないカツオの生態について知ることのできる興味深い "仕掛け"があったりと、展示も体験も随所に工夫が凝らされている。
コースの最後には「ほんだし®」を使ったおにぎり「Power Ball®」を試食してうま味を体験。「ほんだし®」が、火を通さない料理にも使えるという、知る人ぞ知る驚きの味わいを、ぜひここで体験してほしい。

まるで料亭のような設えの「ほんだし®」工場の玄関。

本枯れ節を使ったかつお節削り体験は、子どもも
安全に体験可能。

小さな「アジパンダ®」瓶入りの「味の素®」を自分で作る

「味の素®」コースの最大のお楽しみは、実際の製品づくりの一端を体験できる「My『アジパンダ®』瓶」作り。参加者は全員、白衣、キャップ、マスク、手袋を身につけ、滅菌用のエアシャワーをくぐり、クリーンルームの中で作業を行う。機械に瓶をセットして、機械から出てくる製品をしっかり計量し、包装、検品など体験することで、清潔と安全を徹底することの大切さや、手軽に買える製品がいかに繊細な工程をたどって届けられているのかを実感する。自分だけの「アジパンダ®」瓶は、もちろん持ち帰ることができるので、工場見学の記念にしたい。
また、包装工場では、まるで人間のように繊細な動作をこなす多関節ロボットも必見。箱の準備から箱詰めまでをテキパキと手際よく行っていく様子は大人も子どもも夢中になることうけあいだ。

完璧な装備でクリーンルームへ。「味の素®」は
徹底した衛生管理のもとで作られている。

自分だけの小さな「味の素®」、感動もひとしお。

「ほんだし®」コース、「味の素®」コースともに、締めくくりは「うま味体験」。お湯に味噌を溶かしただけの"みそ湯"が、ほんの少しの「味の素®」でおいしくなる。

予約なしで見学できる「うま味体験館」にも見所はたくさん

いずれの見学コースも要予約だが、見学コースの起点である「うま味体験館」は、予約なしで見学可能。ここには、味の素グループの歴史を一覧できる展示(音声ガイドの無料貸出あり)や、さとうきびから味の素が作られるまでの工程をリアルに再現したジオラマがあるほか、ここでしか買えないレアアイテムほか味の素グループの製品が購入できる「アジパンダ®」ショップ、「アジパンダ®」との記念撮影ができるフォトスポットもある。

「うま味体験館」1Fは予約なしで見学可。

"うま味"を持つ意外な食材の発見や、味の素グループの
歴史を広告で振り返る展示コーナーも見応えたっぷり。

「うま味体験館」の1F奥には、味の素グループの製品をはじめ、ステーショナリーや雑貨などここでしか買えないアイテムがたくさん。「味の素®」のレア瓶はお土産に最適。

記念撮影に最適な「アジパンダ®」のフォトスポット。運が良ければ"本人"にも会える!?

●味の素グループ川崎工場
神奈川県川崎市川崎区鈴木町3番4号
TEL:0120-003-476(月~土曜8:30~16:30)

2019年10月の情報をもとに掲載しています。