食と健康

ニューノーマル時代のストレスに注目! 〜忙しい人ほど摂取したい免疫機能を高めるアミノ酸とは〜

ニューノーマル時代のストレスに注目! 〜忙しい人ほど摂取したい免疫機能を高めるアミノ酸とは〜
ニューノーマルという言葉の浸透とともに、これまでの日常生活が一変し、新しい生活様式も生まれました。

出勤をやめてリモートワークに切り替えたり、イベントや会食の場を避けるなど、人と接する時間を極力減らそうと気をつけている方も多いことと思います。
しかし、そんな健康リスクを回避するための自粛行動が、知らず知らずのうちにストレスや不安を蓄積させてしまっているかもしれません。

ストレスが溜まると免疫力の低下につながります。
そもそも免疫力を高めるためにはどうすればよいのでしょうか?

カラダの内側からしっかりケアすることで免疫力を上げていく方法をご紹介します。

新しい生活習慣で免疫力が低下!? 令和型免疫低下とは?

健康的な毎日を過ごすために不可欠といわれる免疫力ですが、感染症を予防するはたらきのほかに、疲労回復や新陳代謝を活発にして細胞組織の老化を防ぐ機能があることが分かっています。

しかし現代人は、「食生活の変化」や「不規則な生活」「ストレス」「過度に清潔な環境」などにより、昔の人に比べて免疫力が低下しているそうです。

免疫力は20代をピークに年齢とともに低下し、50代でおよそ半分ほどに落ち込んでいくのですが、生活環境の変化によって、現代人は年齢にかかわらず、全般的に免疫力が低下しているといわれています。

とくに、生活様式の変化による継続的なストレスが引き起こす「令和型免疫低下」には要注意です。
いつの間にか溜め込んでいるストレスや生活習慣の乱れがないか、以下の項目でチェックをしてみましょう!

5個以上当てはまった人は要注意!!免疫低下の状態の可能性があります。

□バランスの良い食事が摂れていない
□食欲がない
□たんぱく質や野菜をしっかり摂れていない
□食べるスピードが早い
□睡眠不足や睡眠の質が悪くなった
□在宅の機会が増え、運動不足になった
□プレッシャーを感じる
□生活環境の変化にストレスを感じている
□集中力が続かない・やる気が出ない
□人とのコミュニケーションが減り、楽しいと感じられない・笑うことも減った
□体温が低い(36.5℃以下)
□すぐに風邪をひきやすい
(監修:みやがわクリニック院長 宮川浩一先生)

免疫力を高めるにはどうしたらいい?

私たちは免疫力が低下していることを自覚できません。
風邪などの症状が出てからでは遅いので、まずはできることから免疫力アップのための生活習慣を取り入れいきましょう。

免疫力アップの5箇条~令和型免疫低下予防のために~

  1. ストレスをためない
    大きな環境の変化に対し、自分では大丈夫と思っても知らないうちにストレスがたまっている可能性も。心身のケアにも気をつけて過ごしたいですね。
  2. 適度な運動
    運動は良質な睡眠や仕事のパフォーマンス向上につながります。近所の散策や、部屋の掃除を行い、気持ちよく体を動かしましょう。
  3. 質の高い睡眠
    睡眠は体の疲労回復や脳の休息に欠かせません。生活リズムを整えぐっすり眠りましょう。
  4. 栄養バランスのよい食事
    三大栄養素とビタミンA・C・Eをしっかり摂りましょう。
  5. 生きがいのある生活をする・よく笑う
    なかなか外出のでできない昨今、読書や語学学習などにゆっくりチャレンジするチャンスです。また、オンラインでの懇親会や家族と会う機会には、思い切り笑って"オンライン映え"も!

1つでも取り入れられそうなものはありましたか?
免疫力を高めるためには、これらの心身のていねいなケアが基本です。さらに効率良く免疫機能を高めたいという方には、アミノ酸の摂取がおすすめです。

アミノ酸「グルタチオン」で免疫力アップ

ところで皆さんは、カラダの免疫細胞を活性化する上で欠かせない「グルタチオン」というアミノ酸をご存知でしょうか?

「グルタチオン」には強い抗酸化力があり、精神的なストレスや発がん物質、紫外線・放射能、大気汚染物質など、さまざまなストレスによって発生する活性酸素(カラダのさび)を無毒化するはたらきがあります。

免疫細胞を活性化させ、免疫力を高めてくれる「グルタチオン」ですが、じつは、直接摂取をしても腸管から吸収することができません。そこで注目したいのが、「グルタチオン」の材料となるアミノ酸「シスチン」と「テアニン」。

味の素(株)の研究により、これらのアミノ酸を同時に摂取することで、体内で「グルタチオン」が合成され、免疫機能を高めることが分かっています。

アミノ酸「シスチン」と「テアニン」を5週間摂取した人は、摂取しなかった人に比べて、発熱、のどの痛み、鼻水などの症状が軽度となる傾向があることが示唆されました。

「シスチン」と「テアニン」を補給するには

「グルタチオン」は加齢やストレス、飲酒や喫煙によって減少するため、「シスチン」と「テアニン」を合わせて補給することで、体内の「グルタチオン」量を増やし、免疫力を高めることができます。

「シスチン」は鶏肉などの肉類や大豆などに多く含まれるアミノ酸。「テアニン」は緑茶の旨味成分として知られているアミノ酸で、とくに旨味の強い玉露などに多いとされています。

たとえばシスチンが豊富な鶏肉を使う「親子丼」やたんぱく質やシスチン、ビタミンA・C・Eも摂れる「肉じゃが」、シスチンとテアニンが一緒に摂れる「豚ロースの緑茶しゃぶしゃぶ」のようなメニューを献立に取り入れると、無理なくおいしく栄養が摂取できますね。

「豚ロースの緑茶しゃぶしゃぶ」

さらに、「シスチン」と「テアニン」を含むサプリメントを摂取すると、一層の健康維持が期待できます。

「グルタチオン」がつくられて免疫細胞が活性化すると病原体への攻撃力が高まるため、風邪にかかりにくいカラダをつくることができるでしょう。

心身のケアを日頃から意識し、カラダの免疫機能を高めておくことが大切です。

2021年4月の情報をもとに掲載しています。

活動レポート

食とアミノ酸のはたらきを通して ~Withコロナ期の味の素社の取り組みと展望~

食とアミノ酸のはたらきを通して ~Withコロナ期の味の素社の取り組みと展望~

2020年、世の中は新型コロナウイルスの感染拡大によって、リモートワーク、マスクや手洗いの徹底など、さまざまなシーンで生活様式が一変しました。
このニューノーマル時代を迎え、味の素社では、人々が心身ともに健やかに過ごせるようさまざまな活動、支援を行っています。

味の素社の新型コロナウイルス感染防止に関する取り組み

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大にともない、世界中の人々が、新しい生活様式(ニューノーマル)に柔軟に対応しています。

味の素グループは調味料や加工食品の製造にとどまらず、衛生管理に欠かせない洗浄剤の開発・製造、医療品の原料の開発・製造などに携わっています。サプライヤーとして安定供給の責任を果たすべく、現在、世界中の工場で感染リスクの軽減策を講じながら生産を継続しています。

これに加えて、中長期的な感染対策として新しい生活様式に向き合う中で、からだとこころの健康維持のサポート事業に取り組んできました。

食事、運動、睡眠。アスリートと西井社長の座談会から見えた免疫力とは

風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくい健康なからだづくりに欠かせない要素が食事、運動、睡眠です。

昨年には、アスリートから健康なからだづくりのヒントをいただこうと、味の素(株)の西井孝明社長が、松田丈志さん(競泳オリンピックメダリスト)、成田真由美選手(水泳パラリンピックメダリスト)のおふたりと座談会を開催しました。

健康なからだと最高のパフォーマンスを維持する上で、おふたりが大切にしていることは何でしょうか?

  • ●松田丈志さん
    「自分に合った食事、睡眠、運動を見つけることが大切。この時期、何かひとつでも、自分が元気になれるテクニックを見つけられるといいですね」

  • ●成田真由美選手
    「ストレスを感じない時間をつくること。暮らしのリズムをくずさないこと。それが良いパフォーマンスにつながっていきます」

  • ●西井孝明社長
    「わかっているだけで20種類のアミノ酸がありますが、料理をおいしくする以外にも筋肉の疲労を取るはたらき、睡眠をサポートするはたらき、いろんな機能があるんですね。アスリートの方はコロナ禍においても、いろんな解決策をお持ちになっていると感じました」

座談会のダイジェストムービーはこちら
https://www.ajinomoto.co.jp/company/jp/aboutus/covid-19/immunity/

第1章:アスリートに学ぶ、日々の「食」の大切さ
第2章:アスリートが感じる、運動とストレス
第3章:アスリートが考える、睡眠との付き合い方

Withコロナ時代に味の素社ができること

免疫力を維持するうえで欠かせない「食事・運動・睡眠」に、共通している要素がアミノ酸です。

味の素社の製品には、日々の料理に欠かせない調味料や加工食品をはじめ、ストレスをやわらげ、睡眠をサポートするサプリメントなど、Withコロナ時代の健康なからだづくりにも役立てるものが数多くあります。

味の素グループはアミノ酸研究では世界一の実績と自負しています。「おいしく食べて健康づくり」という1909年の創業以来の志を引き継ぎ、新型コロナウイルスのまん延終息の一助になれるよう、尽力してまいります。

味の素の取り組み

たとえば、ひとりで走ってもみんなと走る楽しさを感じられる「バーチャルラン」の開催。スポーツイベントが相次いで中止になるなか、オンライン上で走るタイムや距離を競うイベントに、昨年6月の1か月間で29,745人が参加しました。

ステイホームで増える家での食事もサポートしています。家で料理する楽しさをオンラインで分かち合い、新たなメニューやコミュニティとつながるアプリ「アラターブル」を開発し、公開しています。味の素社名古屋支社は「ペアクック」(大切な人と一緒に買い物から料理、食事をしてコミュニケーションを取って絆を深める活動)を開始し、「AJINOMOTO PARK」で夫婦編、親子編のレシピを紹介しています。

このほか、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」を発起人企業として実施中です。これは、新型コロナウイルス感染症まん延の終結を目的とした診断・検査・治療・衛生管理等に関連した行為に対し、味の素社が関連する知的財産権を開放するものです。医療品原料や医薬品の先端技術分野においても、当社グループの技術は活用されています。本宣言により、これらの開発や製造がよりスムーズに行われ、感染症の早期終結に寄与することを願っています。

寄付活動にも力を入れています。新型コロナ感染拡大の影響を受けた飲食店を支援する「地域飲食店応援クラウドファンディングプログラム みらい飯」に賛同し、プロジェクトの主宰READYFOR社を通じて600万円を寄付しました。

日本国内だけでなく、マレーシア、ブラジル、タイ、アメリカ、インドネシア、フィリピン、ペルーへも製品提供や寄付などの支援活動を行っています。

2021年3月の情報をもとに掲載しています。

食と健康

食事で高める免疫力! ウイルスに負けない身体づくり

食事で高める免疫力! ウイルスに負けない身体づくり

人間の身体には、生まれつきウイルスや細菌などの外敵から自分を守るための仕組みが備わっています。それが「免疫」です。免疫の働きの強さを「免疫力」と呼びます。
つねに免疫力の高い状態をキープできたら……というのは、誰も同じ思いでしょう。
そんな免疫力にはアミノ酸も関係することをご存じですか?

今回は、免疫力に貢献するアミノ酸とビタミンの働きと、それらを食事で上手に取り入れる方法をご紹介します。

免疫力アップにはたんぱく質を!

「免疫」とは、私たちの身体がウイルスや細菌に侵されたとき、血液中の白血球の一種であるマクロファージやT細胞、NK細胞などが外敵を攻撃し、身体の健康を保とうとする働きのことです。

免疫力を高めるためには、「睡眠」「運動」「食事」の三つの要素が大切といわれています。とくに毎日の食事のバランスは重要ですが、なかでも身体のもとになるたんぱく質と抗酸化作用をもたらすビタミンの摂取は欠かせません。

たんぱく質は、のどや鼻などの粘膜を作ってくれる大事な栄養素です。さらに、たんぱく質からは免疫力に貢献するアミノ酸を摂取することができるのです。

免疫力に貢献!アミノ酸「シスチン」「テアニン」

鶏肉などの肉類や大豆に豊富に含まれる「シスチン」と、緑茶のうま味成分として知られている「テアニン」は、私たちの免疫力に働きかけてくれるアミノ酸です。

シスチンは体内で分解され、人体に重要なグルタチオンを構成するシステインに変化します。システインは解毒作用や抗酸化作用を持ち、医薬品としてさまざまな皮膚疾患の治療にも使われています。

テアニンは、新茶の若芽や玉露に豊富に含まれ、お茶に含まれるアミノ酸の半分以上を占めています。カフェインによる興奮を適度に抑え、脳の神経細胞を保護してリラックスを促す効果があるといわれています。

シスチン、テアニンともに、体内で免疫に重要なグルタチオンの材料になります。

味の素グループの実験では、シスチンとテアニンを同時に摂取すると、摂取していない場合よりも風邪をひきにくくなるという結果が出ています。風邪を引いた場合でも、悪寒や発熱、鼻水、のどの痛みなどの症状が少なくなったということです。

身近なビタミンA、C、E、いま注目のビタミンDも大切

身体の調子を整える機能を持つビタミン類にも、免疫細胞の機能低下を防ぎます。
ビタミンA、C、Eはそれぞれ健康な細胞を傷つける活性酸素の働きを妨げる、抗酸化作用があります。

ビタミンAは、食品のなかにはβカロテンという形で含まれ、小腸から吸収されて効果を発揮します。皮膚や粘膜を強化し、白血球の増殖を早める機能も持ちます。ビタミンAを多く含む食品は、野菜ならにんじんやかぼちゃ。動物性食品ならうなぎやレバーなどです。

ビタミンCは、免疫作用にかかわる白血球細胞の機能を高める作用があります。果物や緑黄色野菜に多く含まれます。

ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、免疫細胞自体を活性化させる作用もあります。ビタミンEを多く含む食品は、かぼちゃやアーモンド、鮭などです。

ビタミンDは、近年免疫システムの働きに影響を与えていることがわかってきました。日常生活のなかで日光を浴びる時間を確保できていれば不足することは稀ですが、リモートワークなどで外出の機会が少ない場合は鮭、いわし、うなぎなど脂質を多く含む魚を摂るといいでしょう。

アミノ酸とビタミンのバランスメニューで
ウイルスに負けない身体に!

さて、ここまで免疫に貢献するアミノ酸とビタミンについてみてきました。
それでは、実際にこれらを効率よく摂取するためには、どのような献立がよいでしょうか。

豚ロースの緑茶しゃぶしゃぶ

緑茶に多く含まれるテアニン、にんじんに豊富に含まれるβカロテン(ビタミンA)、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンCをしっかり摂取することができます。ビタミンCは加熱に弱いので、薄く切ってだし汁をさっとくぐらせて食べるのがオススメ。また、豚肉に多く含まれるビタミンB1は疲労回復に良いといわれています。

ポテトとチキンといんげんのソテー

メインのチキンにはシスチンが、さやいんげんやじゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれます。たんぱく質と野菜、食物繊維をバランスよく摂れるメニューです。

アミノ酸とビタミンを効率よく摂取して、ウイルスに負けない身体をつくりましょう。

他にも、免疫力アップに貢献するレシピは、こちらからチェックできます。ぜひトライしてみてください。

2020年9月の情報をもとに掲載しています。