歴史・トリビア

消費期限と賞味期限はどう違うの?

食品を購入するときに必ずチェックするのが賞味期限や消費期限です。1日でも新しいものを買うようにしている方もいらっしゃると思います。

お店によっては、期限切れによる廃棄ロスを防ぐために、なるべく日付の古いものを前に並べたり、期限の近いものを割引販売することもあるようです。
表示期限を1日でも過ぎたらもう食べられないのでしょうか?
今回は、みなさんにぜひ知っておいていただきたい、食品の期限表示についてご説明します。

「賞味期限」を過ぎても食べられる?

食品の期限表示には、「賞味期限」と「消費期限」の2通りありますが、みなさんは意識してその表示の違いを確認していますか?

消費期限:定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を書くこととなる恐れがないと認められる期限を示す年月日のこと。
開封前の状態で定められた方法により保存すれば食品衛生上の問題が生じないと認められるもの。

商品の劣化が急速に進む商品(弁当、調理パン、惣菜など)

賞味期限:定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められている期限を示す年月日。

比較的品質が劣化しにくい食品(スナック菓子、缶詰、牛乳など)

「消費期限」を過ぎた食品は、食べないように注意してください。
一方、「賞味期限」の場合は、必ずしもすぐに食べられなくなるわけではありません。保存状況や食品の状態を見て、食べられるかどうかを判断する必要があります。

うま味調味料「味の素®」には「賞味期限」が書いてない?

「賞味期限」の表示は、食品表示法で義務付けられ、「食品表示基準」に基づいて定められた表示を行いますが、表示を省略できる食品もあります。
アイスクリームや冷菓、砂糖や食塩、飲料水や氷などがそうです。

味の素社の商品でもうま味調味料「味の素®」や「うま味だし・ハイミー®」「アジシオ®」などは、長期間品質が変わらないため、サラサラしていれば何年でもお使いいただけます。

【表示の省略に該当する食品】
チューインガム・砂糖・アイスクリーム類・食塩・うま味調味料・酒類・飲料・氷

ここに注意!保存状態と開封後のこと

賞味期限内であっても、決められた方法で保存していない場合には、品質が劣化していることがあります。

開封後は賞味期限にかかわらず、早めに消費することをおすすめしている商品も多いので気をつけましょう。
あくまでも、食品に記載されている方法で保存した場合の期限ということを忘れないでください。

また、表示をよく見て「消費期限」となっているものは気をつけましょう。
期限内であったとしても保存状態によっては安全性が保たれていない場合もあります。そして、期限を過ぎているものは、いくら保存状態が良くても食べないようにしてくださいね。

賞味期限の表示変更で食品ロスへの取り組みを!

味の素社では、品質については微生物試験、色調などのテストを実施。おいしさについても、味や香りなどの官能検査によって評価をしています。

これらの検査では、温度・湿度などの条件を定められた方法や基準で変化させて、食品の劣化状況の変化を時間を追って調べ、各々の食品に適した賞味期限を設定しています。

また、味の素社では「賞味期限の年月表示化」と「賞味期間の延長」によって食品ロスの軽減が期待される側面もあることに注目し、食品メーカーとして、賞味期限の表示から食品ロスという世界的な課題解決も目指しています。

2020年7月の情報をもとに掲載しています。

活動レポート

"賞味期限の表示変更"で一歩近づく食品ロス解消への道のり

2017年4月より、味の素グループでは一部の商品の賞味期限の表示方法が「年月日」から「年月」に変更となった。これは、現在日本で問題となっている「食品ロス」が深く関わっている。

国と企業が共同で取り組む食品ロス問題

食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食べ物のこと。日本の食品ロスは年間約632万トンとなり、途上国などへ向けた世界の食糧援助量約320万トンの約2倍にもなるとも言われている。

食品ロスを解決すべく、味の素グループも2011年から経済産業省の「製配販連携協議会」、2012年からは農林水産省の「食品ロス削減のための商慣習検討ワーキングチーム」に参加。

1)賞味期限の年月表示化
2)賞味期間の延長
3)納品期限の最適化
という、3つのことがまず検討された。

味の素グループでは、まずメーカーとして着手可能な「賞味期限の年月表示化」と「賞味期間の延長」を実施。これによって食品廃棄の量が減ることが期待される。さらに、製品管理を日別から月別にすることで、物流業界や流通業界においても、作業の軽減や効率化が図れる。

見直しが迫られる、賞味期限表示にまつわる慣習

賞味期限表示の参考画像:左に「賞味期限(常温未開封)2018.6.19」と表記した画像、右に年月表示の「賞味期限(常温未開封)2018.6/XA」と表記した画像が並べられている。

左が従来の表示 右の表記に一部更新された

実は年月表示にすることで、多くの場合、賞味期限表示が短くなるという問題も。
例えば、賞味期限が「2019.6.19」としていた場合、6月19日には期限切れになるので、年月表示だと「2018.5」になってしまう。
それを避けるため、年月表示化する際には原則、賞味期間を延長しても大丈夫な「賞味期間が1年以上の家庭用製品」を対象とした。

ただし、年月表示に変更するだけでは、食品ロスの問題は解決しない。
日本では「鮮度が良くないと売れない」という意識が根強い。実際、食品小売店に納入する際には"製造日から賞味期限の3分の1が経過する前に店舗に納品する"という慣習(1/3ルール)があり、その期間を過ぎると納品できないため、これまで食品メーカーは仕方なく製品を廃棄してきた。今後はメーカーと販売側が連携して、この慣習を見直していく必要がある。
年月表示化をきっかけに効率化を考え、納品期限の再検討が進めば、廃棄されるリスクはさらに減る。
返品・廃棄ロス削減のメリットは、すぐには実感できないかもしれないが、味の素グループは長期的視野で取り組み、食品ロスという世界的な課題解決を目指していく。

2019年3月の情報をもとに掲載しています。