歴史・トリビア

今年の母の日は、おいしく、楽しく、おうちごはんで「おふくろの味」

2020年の5月10日(日)は「母の日」です。この日、お母さんにカーネーションやプレゼントを贈ったり、感謝の気持ちを伝える方も多いと思います。
お母さんへの感謝。みなさんひとりひとりにさまざまな「ありがとう」があると思います。
ここまで育ててくれたことはもちろん、つらいときや悲しいときに助けてくれたときのこと、私たちのために無理をして努力をしてくれたこと、そして、昔、子どもの頃につくってくれた「ごはん」の思い出。
お母さんのことを思い出すと同時に、あの「おふくろの味」をまた食べたいなと思ったり。
今年は外出もままならず、お食事会や帰省などで直接お母さんに会うことは難しい状況です。そんなときだからこそ、今回の記事では、この「おふくろの味」について考えてみたいと思います。

ひとりひとりの物語がある「おふくろの味」

「おふくろの味」と聞いて、みなさんが思い出すものは何ですか?
「朝、目覚めたときの"〇〇〇"の匂い」
「部活の練習から帰ってきたあとにお腹いっぱいになるまで頬張った"〇〇〇"」
「叱られたあとに、泣きながら食べた"〇〇〇"」
「はじめて台所でお手伝いをしたときの"〇〇〇"」
「受験勉強のときにつくってくれた夜食の"〇〇〇"」

しかし、大人になって、同じメニューを食べても、それは「おふくろの味」とは違うものではないでしょうか。また、「レシピを教わっても、まったく同じようにならない"エビフライ"」のように、お母さんにしかつくれないものもあります。さらにいうと、「おふくろの味」は必ずしもおいしいとはいえないものもあるでしょう。おふくろの味は特別なものですね。
味が濃かったり、薄かったり、ちょっと焦げていたり、盛り付けや色合いがイマイチだったり。それもひとつの個性であり、味付けのひとつだと言えるでしょう。
「おふくろの味」とは、一口食べただけで、あの頃の自分に戻れるようなもの、わが家そのものを象徴するものであり、当時の物語が味付けとなって心のなかによみがえってくる「お母さんの想いそのもの」なのかも知れません。
そう、「おふくろの味」には、物語という調味料が伴うものではないでしょうか。

肉じゃがの「物語」

日本人にとって、「おふくろの味」のなかでも、「肉じゃが」は上位にランクインするメニューだと思います。

肉じゃがというだけで、ほっこりとしたじゃがいもとお肉のうまみが口中に広がるくらい、私たちにとってなじみの深いメニューです。
肉じゃがというと和食の定番というイメージが強いですが、発祥は明治時代以降であり、肉じゃがという名称も1970年代に一般に広まっていったんだそうです。意外と最近のことなんですね。
インターネットで検索すると「肉じゃがと東郷平八郎」のエピソードがたくさん見つかります。
"日露戦争で連合艦隊司令長官として指揮を執った東郷平八郎が、かつてのイギリス留学中に好物だったビーフシチューを料理長に作らせたものが肉じゃがの原型となった"というものです。
しかし、最近の調査によると、この逸話には正しく証明する資料もないことから間違いであるという見方が有力です。
明治維新後、西洋からさまざまな文化を急速にとりいれていた日本人にとって、体格や体力の違いや、タンパク質やビタミンが不足している状況を克服するために食生活の改善が求められていました。しかし、当時の日本人はなかなか洋食になじめなかったようです。
その課題を解決するために、醤油と砂糖で味付けされた料理で肉食が進むようにと海軍・陸軍で採用されたのが「肉じゃが」の原型だったと言われています。(こういった状況から東郷平八郎との物語が生まれたのかも知れません。)
軍隊において、たくましい日本人になって欲しいと作られた肉じゃがは、やがて広く一般の家庭でも好んで作られるようになりました。
それは肉じゃがに「わが子が元気で健康に、たくましく育ってほしい」という母親の願いが込められていたから、かも知れませんね。

肉じゃがの人気レシピ43件

世界のおふくろの味

日本の「おふくろの味」はいくつも浮かびますが、海外にはどんな「おふくろの味」があるのでしょうか。

スペイン人にもっとも身近でバリエーションが豊富な「トルティーヤ」

スペインの「おふくろの味」といえば、「トルティーヤ」(地域によってはトルティージャとも発音します)と答える人が多いそうです。
トルティーヤと聞くと、「薄い生地にタコスミートや野菜を包んで食べるもの」だと想像する人が多いと思います。しかし、それはメキシコ料理の「トルティーヤ」です。
スペインのトルティーヤはこんな感じです。

メキシコ料理のトルティーヤとは全然違うものですね。
じゃがいもと玉ねぎなどが入った肉厚なオムレツ、といった感じでしょうか。
スペインの学校の食堂では、毎日必ずトルティーヤが並び、夕飯用にテイクアウトする学生もいるほどの人気メニュー。
スペインでは定番の家庭料理で、じゃがいもと玉ねぎ以外にもお好みでいろいろな具材を入れたりするそうです。その時の気分だったり、冷蔵庫の残り物を入れたりなど、簡単においしく作れることもあってバリエーションは無限に広がるそうです。
簡単で単純だからこそ複雑。味付けや具材が変わるだけで異なる味わいが生まれ、実際に家庭によって味がまったく違うものになるそうです。
ひとつの家庭にひとつのトルティーヤ。
お子さんのために好きな具材を入れたり、栄養のために食べてもらいたい野菜やお肉を入れたり、、「トルティーヤ」の本当の具材は、お母さんの愛情や家族の物語そのものだと言えるでしょう。

トルティーヤ(スペイン風オムレツ)の人気レシピ4件

ロシアの家庭では定番の煮込み料理「ボルシチ」

ロシアでは「おふくろの味」として「ボルシチ」をあげる人が多いそうです。

「ボルシチ」は、ロシアの家庭でよく食べられている煮込み料理の定番。
テーブルビート、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、牛肉などの材料を炒めてから、スープでじっくり煮込んで作るのですが、スープの具材についてはとくに決まったものはないそうです。
ちょっとした味付けの違いや、サワークリームを入れるか入れないかで味が変化しますし、具材に何を入れるかなどで家庭ごとに味が異なります。
ロシアでは、Дача(ダーチャ)という菜園付きのセカンドハウスを所有する家庭も多く、その菜園で収穫した野菜でボルシチをつくることもあって、ボルシチを食べると、そのダーチャで過ごした楽しい日々を思い出すのだそうです。

ボルシチの人気レシピ5件

かぜをひいたときにお母さんがつくってくれた「チキンスープ」

アメリカでは、体調が良くないときやかぜをひいたとき、「チキンスープ」をつくってくれる家庭が多いといいます。

アメリカの家庭でつくられる一般的なチキンスープは、鶏肉、にんじん、玉ねぎ、セロリからつくられ、塩と胡椒で味をつけます。
また、お米やパスタを入れてアレンジも可能。家庭によってさまざまなバリエーションがつくられています。
チキンスープは、調理しやすく、栄養がたっぷりで消化しやすいため、体調が悪いときの民間療法として伝統的に用いられており、別名「ユダヤ人のペニシリン」とも呼ばれています。
アメリカの「おふくろの味」は、おいしさや栄養だけでなく、体調が悪く、つらいときにそばにいてくれたお母さんの優しさも届けてくれるのかも知れません。

骨つきチキンのコンソメスープ

気軽に会いに行けない今こそ、感謝の想いを

日本や海外の「おふくろの味」を紹介しましたが、「おふくろの味」とは文化や習慣は違っていても、母親が子どもを想う気持ちが詰まった料理であると思われます。
また、いずれのメニューも「簡単に調理ができる」「身近な具材を使う」「栄養がたっぷり」といったことも共通しています。
だから「おふくろの味」は、たくさんの家庭で作られているポピュラーなものなのに、バリエーションが豊富で、ひとりひとりの心のなかに存在する特別なものなんですね。

やがて、子どもだった私たちは成長していきます。成長するにしたがって、母親の愛情をうっとおしく感じたり、家族団らんの食卓の機会も減ると同時に「おふくろの味」から巣立っていき、新しい社会に出会い、大人になっていきます。
今年の母の日は、離れて暮らすお母さんに気軽に会いに行ける状況ではないと思われます。
こんなときだからこそ、今年は「おふくろの味」をつくり、お母さんの愛情や優しさに触れてみるのはいかがでしょうか。そして電話やメールで感謝の想いを届けてみませんか。
今度は、私たちがお母さんの代わりに、その愛情や優しさを引き継ぎ、新しい物語をつくっていくのでしょうね。

2020年4月の情報をもとに掲載しています。

歴史・トリビア

"おふくろの味"って何味!?その正体とは?

初めて食べるものなのに、どこか懐かしい。……そんな体験をしたことはありませんか。そのような味を指して、“おふくろの味”と言ったりもします。おふくろの味と聞いて「味噌汁」や「肉じゃが」などをイメージする人が多いようですが、それは果たして本当でしょうか!? 実は、過去に食べたことがないのに「懐かしい」と思い、安心感を覚える味には、ある共通するものがあったのです。

"おふくろの味"に共通する味とは?

"おふくろの味"として思い出されるのは、味噌汁や煮物などの料理が多いのではないでしょうか。
それらに共通しているのは、味噌やしょうゆ、だしなど和食で定番の調味料が使われていること。ここに大きなヒミツが!

味噌やしょうゆ、そしてだしを取る昆布などには、アミノ酸(グルタミン酸塩)という成分が豊富。このアミノ酸(グルタミン酸塩)は、「うま味」というものに深いつながりがあります。

「うま味」イコール「おいしさ」ではありません

「うま味」とは、人間が識別できる5つの基本味の1つ。基本味には「うま味」のほかに、「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」があります。
誤解されがちなのが、「うま味」は感覚的なおいしさを指す言葉ではないこと。科学的視点からみて、「うま味物質」と呼ばれるものの味のことになります。
その「うま味物質」の代表的なものの1つが、アミノ酸(グルタミン酸塩)なのです。

うま味は人生で出合う初めての味だった!

実は、人の母乳や羊水にもアミノ酸(グルタミン酸塩)がとても豊富。人がいちばん最初に感じ、いちばん守られている状態のときに出合う味がアミノ酸(グルタミン酸塩)、「うま味」の成分なのです。
つまり、初めて食べたものでも、馴染みのある「うま味」を"懐かしい、おふくろの味"と感じている可能性が高いというわけです。

アミノ酸(グルタミン酸塩)が料理の基本に使われているのは、日本料理に限った話ではありません。
たとえば、イタリア料理の食材としてポピュラーなトマトやアンチョビにも含まれていますし、さまざまな国のソウルフードに含まれています。
「うま味」は世界共通の"おふくろの味"なのかもしれません。

2019年12月の情報をもとに掲載しています。

活動レポート

"一緒に作ろう"で男性の家事参加を推進!「ペアクック™」プロジェクト

共働き家庭の増加とともに働き方の見直しが進められ、日本人のライフスタイルは大きく変化した。しかし、男性の“家事参加”となると、日本はよその国々と比べてまだまだ低位だといわれている。そこで味の素グループは、男性の“料理参加”と夫婦のコミュニケーションの相関関係に着目。「夫婦の料理レベルが夫婦円満度に比例する」「夫の家事時間が長いほどコミュニケーションが増え、夫婦円満度が高い」といった調査結果をもとに、2017年7月より新たなプロジェクト「ペアクック™」をスタートした。

大切な人との絆づくりで"こころの健康"を育みたい

「ペアクック™」とは、"共に買い物へ行き、共に料理をし、共に食べる"こと。大切なパートナーと一緒に家事を楽しむことで絆を深め、"こころの健康"につなげていきたいという願いから始まった活動。プロジェクトの担い手として立ち上がったのは、味の素グループ名古屋支社の男性営業担当者を中心とした8人のメンバー。
20~30代の若い世帯を想定し、夫婦で楽しく簡単に作れて、おいしく、かつ栄養バランスがとれるメニューブックの作成に取り掛かった。

2人で役割分担しやすく"攻略したくなる"楽しいレシピ

管理栄養士・料理家の鈴木あすな氏協力のもと、「ペアクック™」推奨メニューを考案。第1弾は中華、第2弾は和食に取り組んだ。
メニューは、どの家庭でも作りやすいものを中心に、主食・主菜・副菜・汁物の計11品が初級、中級、上級編に分けて構成され、2人で初級から順にレベルアップできるという仕組みになっている。手軽さやおいしさはもちろんのこと、作る際の役割分担や難易度もプロジェクトメンバーが2人で実践して試行錯誤した。

2人で調理するプロジェクトメンバー。

たとえば中華料理編では、2人で包む楽しさがある「皮から手作り!焼き肉まん」や「焼き焼売」、食材や調味料を投入する人とフライパンで炒める人に分かれることでプロのような手早い調理が可能となる「ひき肉とレタスのチャーハン」など、共同作業が多く、また作業分担しやすいメニューが中心。和食編では、ひとりが主菜を作っている間にもうひとりが副菜を作ることで短時間に完成できる献立が充実している。

~中華~

皮から手作り!焼き肉まん

ひき肉とレタスのチャーハン

~和食~
「ペア」で魚が主役の和食献立に挑戦!

かれいのみぞれ煮

定番☆だし巻き卵

ほうれん草とにんじんの白和え

4種の根菜としょうがの和風スープ

寄せられた喜びの声に、手応えもしっかり

これらのメニューはイベントで披露された。4月22日の「良い夫婦の日」には、11企業、294店舗で店頭デモンストレーションを行ない、メニューをPOPで展示するほか、メニューブックも配布。ブライダルイベントにも参加し、SNSを活用した訴求活動を積極的に行なったほか、より多くの人たちに知ってもらうため、単品ごとのレシピを味の素グループのレシピサイト「レシピ大百科」にも掲載している。

㈱Table for代表で管理栄養士、
料理研究家の鈴木あすな氏監修のメニューブ

2人で楽しく取り組めるメニューをPOPやメニューブックで提案

実際に体験した人からは「いつも麻婆豆腐のもとを使っていましたが使わなくても簡単にできた」「調理分担も書いてあるのでお手伝いを頼みやすく、スムーズにできてよかった」「息子との料理で夢が叶いました」といった声が集まり、プロジェクトメンバーは確かな手応えを感じている。「メンバーが一丸となって大切な人との絆づくりを皆さんに届けていきます!」と、意欲を新たにした。
気になるレシピは、「ペアクック™」のホームページから閲覧可能。夫婦で、親子で、友だちどうしで、ぜひ実践してほしい。

2019年8月の情報をもとに掲載しています。

活動レポート

野菜好きになる子どもたちが続出!「Cook Do®」野菜収穫体験

「子どもに野菜を食べさせたい!」は、親にとって普遍のテーマではないでしょうか。
しかも、家族で食卓を囲む時間が年々短くなっているといわれる現代において、子どもたちがすすんで野菜を食べるようになるには一体どうすれば・・・?
味の素グループの調味料「Cook Do®」が開催したイベントで、その解決策が見えてきました。

「Cook Do®」の調査でわかった"サラダに解決できない"野菜問題

2018年で発売40周年を迎えた「Cook Do®」。この節目を目前に「Cook Do®」ブランドに長年携わってきた野﨑亮彦(食品事業本部 家庭用事業部 メニュー調味料グループ)は、「お客さまにとってさらになくてはならない存在として、次のステージを目指したい」と考えていました。
現代の食卓の悩み、食卓にいま求められているものはなにかーー「Cook Do®」に"新しい価値"を見出すべく、社内外で行なってきたさまざまな調査をひも解くと、解決すべきある問題にたどりつきました。

野﨑「子どもの好きなものを作ろうとすると、どうしても肉中心の献立になってしまいます。野菜を食べさせたいからといってサラダを作っても、手間がかかるわりには手つかずのまま。そこで、たっぷり野菜を食べられる=炒める中華になら、その解決策として取り入れてもらえるのではないかと思ったのです」
さらに「Cook Do®」の愛用者を対象に行なった調査では、「回鍋肉」や「青椒肉絲」といった中華メニューが食卓に上がると家族が喜ぶ、テンションが上がるといった声がありました。

野﨑「子どもに野菜をおいしく食べさせたい、その"野菜問題"を解く鍵こそ、『Cook Do®』の魅力につながると確信したのです」

野﨑亮彦
食品事業本部 家庭用事業部
メニュー調味料グループ

野菜と仲良くなるための "収穫・調理・共食"体験イベントを実施

野﨑が浮き彫りにした「Cook Do®」の魅力を、さらに具現化することになったのが、味の素グループが社会貢献として行う活動(ASV:Ajinomoto Group Shared Value)のひとつとして企画された「クラスで行く!野菜の魅力発見スクール」です。
これは、全国の小学校とネットワークを持つ朝日小学生新聞と、味の素グループとつながりの深いJA(農業協同組合)の3者が組んだ新たな取り組みで、大きな反響を呼びました。

野﨑「子どもたちが自分で野菜を収穫する体験ができたら、総合学習や食育につながるのではという発想から持ち上がった企画でした。道の駅や公民館などキッチンのある会場をお借りして、みんなで収穫した野菜を、みんなで調理して、みんなで食べるという経験を通じて、野菜を身近に感じてもらうのが目的です

野菜好きの子どもが大幅増! さらにうれしい効果も

収穫したてのキャベツで作る「回鍋肉」に始まり、苦手野菜のナンバーワンことピーマンをたっぷり使った「青椒肉絲」も体験。

野﨑「『Cook Do®』で作った主菜だけでなく、こちらで用意した副菜やスープと一緒にバランスの良い献立として食べてもらいました。子どもたちがどのように反応してくれるかドキドキしましたが、野菜に触れること自体をとても楽しんでくれていたようでした。青椒肉絲のピーマンを『おいしい!』とお代わりもしてくれた子どもも多く、これは嬉しかったですね!」
アンケートでは、イベント前には「野菜が好き」=43%だったのが、イベント後には68%へ増加。イベントの最後に子どもたちが描いた絵日記からは、この試みが想像以上の効果をもたらしたことがうかがえました。

野﨑「イベントは味の素グループが経営理念として掲げる社会貢献のひとつとして取り組みましたが、子どもたちの笑顔を目の当たりにしたことで、これこそわれわれの使命であると再認識しました。親御さんにお願いしたアンケートでも、家に帰ってから『私が作る!』とお手伝いに積極的になったり、食材への興味関心が増したという声もいただきました」

子どもと野菜の距離をさらに縮める「Cook Do®」の可能性

とれたての野菜のおいしさはまた格別。本物のおいしさを知ることで、子どもと野菜の距離はぐっと縮まったようです。

野﨑「とれたてのフレッシュなピーマンは生のままかじっても甘いんです。青椒肉絲のように油で炒めることによって、ピーマンそのものの甘みを感じやすくなるのではないかと考えています」。
「Cook Do®」がもたらす"おいしい記憶"が、子どもたちからそのまた子どもたちへとつながっていきます。
「クラスで行く!野菜の魅力発見スクール」は、宮城県を起点に、愛知県のほかこれまでに5県で実施されています。

野﨑「まだまだ草の根的な展開ではありますが、今後も小さなお子さんを持つご家族に向けたコミュニケーションとして広げていきたいと考えています」

関連情報

2020年2月の情報をもとに掲載しています。