食と美容

アラサーは健康の曲がり角! セルフケアで健康課題を乗り越えよう!

20代のころまでは、とくに気にしていなかった健康診断。30代になり、次第に気になる判定が出てきた方も多いのではないでしょうか?
なかなか解消できない疲れやだるさ。ちょっとした運動でも襲ってくる筋肉痛。体重は変わってないはずなのに、なんだか服がきつくなってきた……?なんてことが気になりませんか?
それもそのはず。骨量や筋肉量がピークを過ぎる30代から、多くの不調が現れはじめると言われています。
各年代で起こりやすい不調や、その予防策についてご紹介します。

若くても要注意!ライフステージごとに増えていく健康課題

健康課題は、年代によってそれぞれ異なります。
10代でもっとも大切なのは、「早寝早起き朝ごはん」を基本とした規則正しい生活習慣づくり。
朝食をしっかり摂ることで、1日のスタートを切るエネルギーをチャージすることができます。
朝食を毎日食べている子どもの方が、学力が高く、体力があることもわかっています。

20~30代になると、やせすぎ、太りすぎ、飲酒や喫煙による問題、運動不足......など、
さまざまな健康課題が出てきて、健康診断でドキッとする結果が出ることもあります。
若い頃は、夜ふかしや飲みすぎもあまり気にせず過ごせていたかもしれませんが、この年代になるとそうはいきません。乱れた食生活も、運動不足も、身体の変化として感じるようになってくるはずです。

また、骨量と筋肉量のピークは20~30代。その後下降の一途をたどります。
骨量が減り、骨折しやすくなる病気を骨粗しょう症といいます。年齢とともに背中が曲がったり、身長が縮む、背中や腰に激しい痛みが生じるなど、いろいろな症状がみられる病気です。50代以降に多いとされていますが、栄養や運動不足の若い女性に発症することもあるのです。

骨粗しょう症発症のリスクを下げるために、この時期に、できるだけ骨量を上げておくことが大切です。
骨や筋肉は、適度な運動で刺激を与え、適切な栄養を摂取することで、強く丈夫に維持されます。
さまざまな健康課題を予防するためにも、この時期の食生活と運動習慣はとても大切です。

20代~30代のツケ!?若い頃の食生活がカギに

40~50代になると、さらに生活習慣の乱れが不調となって現れやすくなってきます。
20~30代で乱れた食生活をしてきた方は、メタボリックシンドロームに要注意。
40代の男性の1/3、女性の1/5が肥満であることがわかっています。
メタボリックシンドロームは、糖尿病や高血圧症、脂質異常症、虚血性心疾患などの生活習慣病を引き起こします。

60代以降になると、ロコモティブシンドロームの予防が重要と言われています。
年齢とともに食が細くなることで、たんぱく質の摂取量が減少します。
また、運動量も減ることで、筋肉量が低下してしまいます。
20代、30代の食生活、運動習慣が、その後の"健康生活"のカギに。
年代ごとの健康課題をクリアするためにも、今こそ生活習慣を見直してみませんか?

セルフケアで、各世代の健康課題を乗り越えよう!

各世代によって大きく異なる健康課題。
ライフステージごとの健康課題をしっかりと理解することで、正しいセルフケアを行うことができるはずです。

味の素社では、あらゆる方々が健康維持に役立てられるサイトを運営しています。

さらに、栄養士向けのサイトでは、若い女性の食事や低栄養についての記事を掲載しています。ぜひチェックしてみてください。

味の素社が取り組む社員の健康サポート

最後に、味の素社が行っている、社員とその家族に対する健康づくりのサポートをご紹介します。

近年とくに力を入れているのは、社員たちの健康セルフケアのサポートです。
味の素社では社員に対して、「My Health」という健康データベースを提供。社員たちは、健康診断の結果、就労状況、生活習慣の確認をすることができます。

さらに、日々の食生活や運動量、睡眠時間、気分の記録を行うアプリサービスも。

そのほか、女性の健康支援も強化。
婦人科系がんの検診受診率の向上に取り組み、「働く女性の健康セミナー」を開催しています。

味の素社が創業時から掲げている志は、「おいしく食べて健康づくり」。
社員の健康は、会社にとって、もっとも大切な基盤なのです。

2020年9月の情報をもとに掲載しています。

食と健康

簡単なのに栄養もしっかりとれる!「一汁食」を定番メニューに

“時短”や“手抜き”といった簡単にすばやくできる調理が注目されています。ネットで検索するとたくさんのレシピを見つけることができます。

しかし、そういったレシピのなかでも、より美味しく、より満足できて、たくさんの栄養をとれる調理となるといかがでしょうか。

さらに「忙しいけど、きちんとしたい。」「調理の手間を減らしたい。」「栄養はちゃんととりたい。」「お肉も野菜もバランスよく。」「洗い物も少なくして片付けも楽をしたい。」「おいしく食べたい。」となるとどうでしょう。

そんな方にこそ、新しいスタイル「一汁食」(いちじゅうしょく)をご提案します。「一汁食」とは、ひとつのお椀で、食べごたえたっぷりで栄養バランスのとれる新しいタイプの調理法です。

「え?お汁?なんだか物足りないんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。
いえいえ、「一汁食」は食べごたえも、栄養も、おいしさも兼ね備えたごちそうなんです。

簡単調理なのに肉も野菜もたっぷり。「一汁食」は"一杯のごちそう"

がんばりすぎないくらいがちょうどいい。
そんな暮らしが広がってきた今、
味の素から、"一汁食"という新提案。
野菜も、肉も、魚も。そのとき食べたいものを、お鍋に入れて、
あとは、味の素の調味料を入れるだけ。ひとつのお椀で
うま味も、栄養も、食べごたえもたっぷり、"一汁食"のできあがり。
それは、手抜きでも、時短でもない。
毎日をちょっとシンプルにする、一杯のごちそう。

さあ、あなたも
たまには"一汁食"にしてみませんか?

(一汁食 「コンセプト」より)

「一汁食」は、肉や魚、野菜など、そのときに食べたいものまとめてお鍋に入れて、好みの調味料を投入するだけという、新しい食のスタイルです。

食材とともに加えるのは、「ほんだし®」「味の素KKコンソメ®」「鍋キューブ®」「Cook Do®香味ペースト」「丸鶏がらスープ®」といった人気調味料です。

いずれも、それ1つで味が決まる万能調味料であるところがミソ。

和洋中と使い分けることができるので、食材と調味料の組み合わせ次第でメニューのバリエーションも無限大。マンネリ化しないというのも大きなメリットです。

あれこれ考えなくても栄養バランスが自然と整う上に、お鍋1つで作れるので、洗い物まで少なくて済むという、まさに良いことづくめの「一汁食」。試してみる価値はあると思いますよ。

料理をしない男性にこそおすすめ!

いつもはお料理を作らない男性こそ、チャレンジしてみてください。

家事はやるけど料理はちょっと・・・というご主人は、家族に感謝されるポイント稼ぎにも有効ですし、料理作りの楽しさを実感できるはず。

また、いつもは外食かコンビニ弁当ばかりという独身男子も注目!
食材もボリュームも自分で調節できるし、栄養もたっぷりとれますよ。何より、自分の好きなものを入れるだから、他人に作ってもらうものよりおいしいに決まってます!

さらに、お友だちを招いてごちそうしてあげるなど、鍋パーティとは一味違う楽しみもできますよ。

魅力たっぷりの「一汁食」スペシャルサイト

ということで!

「一汁食」に興味を持ったら、ぜひ「一汁食」スペシャルサイトをご覧ください。

「一汁食」スペシャルサイトでは、見ているだけで楽しくなる「一汁食」のバリエーションとレシピをご紹介しています。

これ一杯で、ちゃんとごはん。

編集部がセレクトした「一汁食」バリエーション5選

「一汁食」というからには、レシピの基本はもちろんスープですが、「スープだけで満足できるの?」と疑問に思っている人は、ぜひこちらをチェック。

「ストーリー」編集部が、大人も子どもも満足できて、食べ応えもバッチリのおすすめをピックアップしてご紹介します。

「ほんだし®」でつくる レタスと豚肉の豆乳汁

やさしい味わいの豆乳ベースに「ほんだし®」の風味が漂う、子どもも大人も好きな味わいです。シャキシャキのレタスの歯ごたえやにんじんの甘みなど、たっぷりの野菜をおいしくとれます。

「味の素KKコンソメ®」で作る 「チキンと豆の満腹スープ」

小さめに切りそろえた鶏肉やしいたけやにんじん、玉ねぎに、ひよこ豆の食感がアクセントになっている一品です。見た目にも楽しい、具だくさんの洋風スープ。

「鍋キューブ®」で作る 「餅入りみぞれ汁」

お餅がボリューム満点! 焼いた餅の香ばしい風味が食欲をそそります。野菜だしに大根おろしをたっぷり加えて野菜のうま味がさらにアップ!

「Cook Do®香味ペースト?」で作る 「小松菜と餃子のスープ」

すぐ使えて、腹持ちもよく、家族みんなが大好き!と三拍子揃った冷凍餃子を主役にした、満足度の高い中華スープです。さっと食べられて栄養も満点。小松菜をたっぷり加えれば彩りも豊かです。

「丸鶏がらスープ®」で作る 「さば缶と白菜のミソスープ」

定番食材となったさば缶。しょうがの風味をきかせたみそ汁をベースに、「丸鶏がらスープ®」とオリーブオイルを仕上げに少々加えて完成。和でも洋でも中華でもない、新しいおいしさです。

どれもスーパーで簡単に手に入る食材で、15分以内でできるレシピばかり。毎日の献立に取り入れば、毎日の夕食作りがぐっと楽になるはずです。

2020年5月の情報をもとに掲載しています。

活動レポート

働きたくなる!味の素グループの「自然に健康でいられる」仕組みとは?

経営戦略の一つとして社員の健康づくりを掲げ、こころとからだをトータルにケアする取り組みを2001年から進めている味の素グループ。2018年からはアプリやWebを採用した健康管理サービスや、社員食堂での栄養管理などを実施。2019年からは「吸わない会社」宣言を行うなど、味の素グループで“働いていると自然に健康になる”環境整備を着々と進めている。

社員1人1人に専用の健康管理サービス「My Health」

味の素グループが目指しているのは、「味の素グループで働いていると、自然に健康になる」会社。その取り組みの一つとして2018年10月にオープンしたのが「My Health」。従業員が自分の健康状態を一元的に、手軽に確認できる、味の素グループ従業員専用のウェブサイトだ。

ここでは1人1人の健康診断の結果や生活習慣データを、労働時間や有給取得日数などの就労データと合わせて、総合的に確認可能。健康状態を可視化することで、個人の健康状態やパフォーマンスの変化に事前に気づくことができるという仕組みだ。
また、生活習慣病予防の対策として、発症リスクのある社員に対しては「適正糖質セミナー」をこれまでに全国で19回開催。血糖値や血圧が高い社員に対する減量や生活改善指導なども実施している。

また、株式会社リンクアンドコミュニケーションが提供する健康アドバイスアプリも導入。「運動」「食事」「睡眠」「気分」の4軸で健康状態を可視化。アルゴリズムとAIによるアドバイスが自動提供されるという仕組みだ。

超充実!社員食堂の健康支援メニュー「ヘルシー500GOLD」

さらに、味の素グループの社員食堂では、産業医や保健師が在籍する健康推進センター監修の健康支援メニュー「ヘルシー500 GOLD」を提供。主菜、副菜、ご飯、汁物といった日替わりの献立で、完食してもトータル500kcal前後。ランチを外食にした場合に不足しがちな野菜が補える上、栄養バランスがとれていて、味はもちろんお墨付き。毎日のランチを「ヘルシー500 GOLD」にするだけでおいしく健康維持ができる。

味の素グループの社員食堂は、2016年に全面リニューアル。カフェを思わせる明るい雰囲気も社員の健康意識の向上に一役買っている。

ランチ時には、「ヘルシー500 GOLD」をはじめ、日替わり定食、麺もの、丼ものなど1品もののほか、ランチビュッフェも常設され、毎日訪れても飽きさせない工夫がそこここに見受けられる。目にも楽しいメニューのバリエーションで、働く人のこころとからだを支えている。

写真は、ある日の「ヘルシー500 GOLD」。サラダ仕立ての唐揚げとご飯、汁物、デザートまでついていて大満足。

さらに健康に!"味の素グループ「吸わない会社」宣言"

2019年度からは、これまでの取り組みを徹底するとともに、「吸わない会社」宣言を行い、喫煙リスク・受動喫煙極小化の取り組みをさらに強化。味の素グループすべての事業所内での就業時間内、屋内全面禁煙を実施し、2020年度までに非喫煙者率88%を目指す。具体的には、ポスターやステッカーによる周知はもちろんのこと、吸わないための禁煙サポートとして、オンラインによる禁煙指導や禁煙を促すメールマガジンの配信、禁煙セミナーなどを実施。

これらすべての取り組みは、国内外のグループ会社に健康増進責任者を配置し、積極的に推進。「味の素グループで働いていると、自然と健康になる」ことを目指していく。

2019年12月の情報をもとに掲載しています。