活動レポート

車いすバスケットボール日本代表の金への道のりをサポート

車いすバスケットボール日本代表の金への道のりをサポート
味の素グループは、2016年に一般社団法人日本車いすバスケットボール連盟とオフィシャルサポーター契約を締結。東京2020パラリンピックに向けて燃える日本代表選手たちに向けて、強化合宿や遠征時の「アミノバイタル®」を中心とした製品提供や、「勝ち飯®」勉強会での情報提供など、さまざまな支援活動を行っている。




激しいぶつかり合いも。「車いすバスケットボール」は迫力満点!

「車いすバスケットボール」とは、障がいを持つ選手が競技専用の車いすに乗って行う1チーム5人制のバスケットボールのこと。車いすにはブレーキがなく、回転性や敏捷性の高い作りに。スピードや俊敏性、持久力に加えて、車いすを操作する高い技術が求められ、ゲーム中は車いす同士が激しくぶつかり合う事もある、迫力のある競技である。

「アミノバイタル®」で勝てる体づくりをサポート

練習や試合時のブースには常に「アミノバイタル®」を用意。選手一人ひとりが、目的に応じて適切なタイミングで補食を摂取できるように。
選手からは、「「アミノバイタル®」を使う、使わないで、調子が変わる。運動時には欠かせない!」とのコメントも。激しい戦いで勝てる体づくりのために、「アミノバイタル®」が活用されている。

海外遠征中には栄養バランスのよいスープが大活躍

どうしても海外遠征中は野菜不足になりがち。そこで、選手たちは味の素グループのフリーズドライスープなども活用して、コンディションを整えている。
「クノール®たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用」も、アスリートとして栄養バランスを意識している選手たちに人気。

これからも味の素グループは、「食」と「アミノ酸」を通じた栄養サポートで車いすバスケットボール日本代表選手たちを応援していく。

2019年3月の情報をもとに掲載しています。

「最新記事」一覧を見る