歴史・トリビア

おいしくて便利! おかゆを非常食にしたいワケ

災害が多発している昨今、備蓄について見直してみませんか。その際に注目したいのが、「味の素KKおかゆ」シリーズです。「おかゆ」と聞くと、病中病後や介護食のイメージがありますが、実は離乳食から災害時の非常食にと幅広く活用できて便利との声が。その理由をご紹介します。

最近注目のローリングストックとは!?

万が一のために食料品等の備蓄を心がけている人も多いのでは。ですが、いざ使おうとしたらいつの間にか賞味期限切れになっていたという話もよく聞きます。
そこで、最近注目されているのが、ローリングストックというキーワード。これは、備蓄した食品をしまったままにするのではなく、日常的に使って、食べたら減った分を買い足していく方法のことです。
ローリングストックをすることにより、常に新しい非常食を備えることができるため、賞味期限切れが避けられます。また、いざというときの調理法や食べ方をシミュレーションすることができるというメリットも。さらに、食べ回していくことにより、非常食であるその食品が食べ慣れた味になります。

おいしい非常食としておすすめなのが、「味の素KKおかゆ」シリーズ。国産のコシヒカリと南アルプスを源とする清水のみを使用し、土鍋炊きに学んだこだわりの製法が安心。封を開けたらすぐに食べられるレトルトパウチ入りで、長期保存できて持ち運びしやすく、温めなくても食べられるから、災害時にも便利です。

災害時に、いつもの味を食べられることが心の支えになったという話も。思い立ったらすぐ、ローリングストックを始めてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの離乳食にもそのまま使える!

災害時以外にも「味の素KKおかゆ」シリーズはお役立ち。実は"もぐもぐ期(7~8カ月)"の離乳食にもぴったりなんです。
国産米を使用し、南アルプスの清水を使っているから赤ちゃんや小さな子どもにも安心。また、ストックしておくと、子どもの急な病気など外出できないときにも役立ちます。

ダイエット食としても注目です

おかゆはダイエット食としてもおすすめ。方法は簡単。普通のご飯をおかゆに置き換えるだけです。普通のご飯は一膳で約200kcalですが、おかゆなら同じ一膳でも約半分の100kcal程度。水分をたくさん含んでいるので少ないお米の量でお腹が膨れ満腹感を得られます。
炭水化物抜きダイエットとは異なり、お米をやめなくてもカロリーが抑えられるため、穏やかなダイエットとして、最近注目されるように。
「味の素KKおかゆ」シリーズをおかゆダイエットとして使えばより手軽。全部で7種類あるから、飽きずに続けることができます。

そのほか、海外旅行や山登りにも、「味の素KKおかゆ」シリーズが便利な理由が。

2019年12月の情報をもとに掲載しています。