歴史・トリビア

味の素グループ"真の創業者"と呼ばれる肝っ玉母さんの選択

"肝っ玉母さん"とは、創業者である鈴木三郎助の母、鈴木ナカ。29歳の若さで夫に先立たれ、幼子3人を抱えて懸命に駆け抜けた59年の人生は、あまりに波乱に満ちたものでした。

1866年、穀物と酒類の小売店「滝屋」を営んでいた初代鈴木三郎助は、翌年にナカを嫁に迎えたものの、流行した腸チフスに倒れわずか8年後に急逝。
ナカは、9歳の長男康助(のちの二代目三郎助)、7歳の長女コウ、1歳の次男忠治の3人の母として、時に父親にもなり、女手一つで店を切り盛り。質屋に通いながら子どもたちに教育も受けさせました。

健気に努力する姿勢にうたれた取引先や消費者の支援で店は繁盛しますが、1887年に長男・康助が二代目鈴木三郎助を襲名し「滝屋」を継ぐと、状況は一変。米相場に入れ込んだ三郎助が、わずか半年で財産の大半を失い、その上多額の借金まで背負う羽目になったのです。
途方に暮れたナカでしたが、さすがは肝っ玉の持ち主。生活費を工面しようとナカが考えた"ある策"が、のちにグルタミン酸を発見する池田菊苗博士との出会いへとつながっていくのです。再起をかけたナカの思いがけない選択とは?

2019年3月の情報をもとに掲載しています。