食と健康

もっと長く、快適に、運動を楽しむならアミノ酸

もっと長く、快適に、運動を楽しむならアミノ酸
スポーツの秋、もっと長く、もっと気持ちよく動き続けたい。そんな気持ちとカラダをサポートしてくれる栄養成分がアミノ酸です。なぜ、運動するときにアミノ酸が大切なのか、その理由を探ってみました。

スポーツで失われるアミノ酸と水分

私たちはふだん、糖質(炭水化物)と脂質を主なエネルギー源としています。ですが、スポーツのようにカラダを酷使するときには、体内に貯蔵されている糖質と脂質だけでは補いきれません。そこで、筋肉などのタンパク質から分解されたアミノ酸が、エネルギー源として使われるようになります。
また、スポーツ中は体温が上がります。この体温調節のために汗をかくことで、カラダから水分も失われていきます。

筋肉の約4割をしめるBCAA(分岐鎖アミノ酸)

私たちのカラダはおよそ60%が水分で、その水分をのぞいた約半分がたんぱく質。そしてこのたんぱく質を構成しているのはたった20種類のアミノ酸です。
アミノ酸のなかには、私達のカラダの中では作ることができないため、体外からの補給が欠かせないものがあります。これらは必須アミノ酸といいます。
筋肉のたんぱく質に含まれる必須アミノ酸のうち、約4割をしめるのが、BCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれるバリン、ロイシン、イソロイシンという3種類のアミノ酸です。

スポーツの前と後にBCAAを補給して、筋肉の疲労を軽減

先に触れたとおり、スポーツでハードに動くと、カラダはエネルギー源確保のために筋肉のたんぱく質を分解。BCAAなどのアミノ酸を取り出し、カラダに供給するようになってしまいます。
そこで、スポーツをする前にBCAAを補給しておけば、筋肉を減らしてエネルギー源を作り出すことが抑えられます。筋肉の損傷も軽くすることが期待でき、運動している間の筋肉疲労の軽減に役立ちます。つまり、スポーツを快適に続けられるようなコンディションの維持に、BCAAはなくてはならないものです。
また、スポーツの直後や就寝前などにもBCAAを補給すると、損傷した筋肉の回復を早めてくれて、筋肉痛などのダメージを軽減することが期待できると知られています。

カラダが必要としているとき、アミノ酸サプリならスピーディーに吸収

通常の食事でたんぱく質をとったとき、分解されて吸収されるまでに3〜4時間が必要。一方、アミノ酸サプリメントの場合は分解が不要なので、カラダへの負担が少なく、約30分で吸収されます。
スポーツをしているときのような、カラダがアミノ酸を求めているときにもスピーディーに対応することが可能です。

2019年10月の情報をもとに掲載しています。